【無料でローン返済相談が可能】カウンセリングサービスの内容を解説

【無料でローン返済相談が可能】カウンセリングサービスの内容を解説
  • 毎月のローン返済で資金繰りが大変・・・
  • 第三者にローンや借金相談をして騙されそうで怖い・・・
  • ローン返済のことで頭がいっぱいでどうしたら良いかわからない・・・

生活する上で、銀行からカードローンや住宅ローンなどの借入を行っている方も多いと思います。中には、返済中に急な出費が増えたことで返済が滞ってしまった、という経験がある方もいるのではないでしょうか。

お金の不安は、時として冷静な判断力を失います。目先のお金の不安を何とかしようとするがあまりに、高金利の消費者金融に手を出してしまうこともあります。その結果、返済が余計苦しくなり、やがて心が病んでしまうことで仕事や生活に支障をきたす可能性もあります。

このような債務返済が困難になった場合において、返済計画を見直し精神的な立ち直りをサポートしているのが、金融機関の「カウンセリングサービス」です。この記事では、カウンセリングサービスの概要、利用方法について解説します。

カウンセリングサービスとは?

金融機関のカウンセリングサービスとは、「全国銀行協会相談室」と「大阪銀行協会銀行とりひき相談所」にて実施しているサービスです。

カウンセリングと聞くとイメージが沸きくいかと思いますが、具体的には「ある問題に直面して不安や悩みを持つ方に、助言を与え、本人が主体的により良い方向へ進む支援をすること」です。

カウンセリングの内容としては、債務整理を目的とした法律的な問題は対象外となっており、カウンセリングによる債務者の精神的な立ち直りをサポートすることを活動の中心となっています。

特長・メリット

カウンセリングサービスの最も大きな特長は、借金・負債のことで頭を悩ませたり、精神が不安定状態になっている方に対し、心理的な援助を提供することです。債務者自らが目の前の現状を受け容れ、今以上に債務状況を悪化させないように行動を見直すキッカケを作ることが重要です。

そのため、カウンセリングを受けたからといって、借金・負債が即改善するわけではないことを理解しておきましょう。

なぜならば、「負債を増やすことでお金を調達する」という思考・行動習慣を見直さなければ、いくら法律的な助言を行ったところで、根本的な解決には至りません。もちろん、その資金調達によって、お金を作るための投資に使えれば良いですが、「お金を返済するために負債を増やすこと」はその場しのぎの対処療法でしかありません。

こうした負のスパイラルに陥らないためには、カウンセリングを通じて債務者の心理的ストレスを和らげると共に、債務者自身が現実を直視し返済計画を見直す必要があります。

利用するための手順

カウンセリングサービスは現在、「全国銀行協会相談室」と「大阪銀行協会銀行とりひき相談室」にて実施しています。手続きの概要について表にまとめました。

全国銀行協会相談室(東京)銀行とりひき相談所(大阪)
相談場所千代田区大手町2-6-1 朝日生命大手町ビル19階
「全国銀行協会相談室」
大阪市中央区谷町3-3-5
カウンセリング方法電話または面談面談
予約受付月~金曜日(祝日および銀行の休業日を除く)
午前9時~午後5時
毎週水曜日(祝日および銀行の休業日を除く)
午前10時~12時、午後1時~4時
相談費用無料無料
住所東京都千代田区大手町2-6-1
朝日生命大手町ビル19階
大阪市中央区谷町3-3-5
予約連絡先050-3540-755306-6942-1612

より詳しい情報を知りたい方は、こちらよりご覧ください。

→「全国銀行協会相談室
→「大阪銀行協会銀行とりひき相談所

具体的な相談内容

カウンセリングサービスは、住宅ローンやカードローンの返済が困難になった債務者を対象にしています。具体的なカウンセリング内容は、専門のカウンセラーによる債務者の資産や負債状況をヒアリング実施と、それに基づく家計診断を実施しています。

その診断結果を元に、(1)返済資金捻出のアドバイス、(2)住宅ローンの条件変更による返済継続、(3)債務整理の必要性に応じた専門家紹介(法テラス、弁護士の紹介など)を行います。

その他、カウンセリングサービスに関する詳細は、下記のFAQページをご覧ください。
全国銀行協会相談室「カウンセリングサービスに関するFAQ」

まとめ

こちらの記事では、住宅ローンやカードローンの返済にお困りの方に役立つ、カウンセリングサービスについて解説してきました。

お金に関する不安がある時は、自分ひとりで抱え込まず、専門機関に相談することが第一です。自転車操業でなんとか生活や事業を回しながら「まだ大丈夫だろう」と思っていると、不測の事態で予定していた入金がなくなった場合や、出費がかさんだ場合に、一気に手持ち資金がショートしてしまいかねません。

少し雲行きがあやしいタイミングで、前もって相談しておくことで返済計画の立て直しや家計状況の見直しを図れます。

今回ご紹介した、金融機関のカウンセリングサービスは無料で利用できます。お金のやりくりに不安がある方は、利用してみてはいかがでしょうか。

【お知らせ】
私たちbizly編集部では、新型コロナウイルスによる事業経営への影響を鑑み、個人事業・中小企業の経営者さまの事業運営の一助となるべく、様々な情報発信を行っております。

【免責事項】
当記事に掲載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、bizlyは閲覧者が当記事の情報を用いて行う一切の行為について、何らの責任を負うものではありません。当記事の情報に起因して閲覧者その他の第三者に生じた損害につき、当社としては責任を負いかねますので御了承ください。