効率的なデータ管理で余裕のある脱毛サロンの運営を!予約システムRESERVA

効率的なデータ管理で余裕のある脱毛サロンの運営を!予約システムRESERVA

毛髪・美容・健康のウェルネス事業をグローバル展開する株式会社アデランスが行った「脱毛に関する意識調査」によると、女性の約2人に1人が脱毛を経験している時代だといいます。さらに、20、30代では脱毛経験者の半数以上がサロン脱毛を選択していたことも明らかになりました。

このように、サロン脱毛の市場は高い需要があり、今後もさらに発展していくことが予想できます。

しかし、需要が高まると、脱毛サロンの抱える負担もその分おおきくなります。そこで、予約や顧客情報の管理など重要なデータを安全に管理するために、また効率的に事業の拡大を目指すために、予約システムの導入は有効な策といえます。

本記事では、予約システムの導入が脱毛サロンの運営にもたらすさまざまなメリットについて、RESERVA予約システムを例に挙げながら解説していきます。

脱毛サロンの予約に関する問題点

脱毛サロンにおいて、予約システムを導入せずに運営をしている場合に起こりうる問題点は以下のようなものです。

営業時間外の予約受付

予約システムを導入していない場合、脱毛サロンの予約受付は電話またはメールでの対応になります。SNSの発展により電話をかけることに抵抗がある若年層にとっては、それだけで敷居が高く感じられます。さらに、予約の電話が同時間帯に集中した結果、つながりにくくなることも予想されます。

また、電話やメールで予約を受け付ける場合、対応可能な時間が営業時間内に限られてしまいます。時間外にサロンを見つけすぐに予約しようとしている顧客が、翌日の営業開始を待たずに他店に流れてしまうことも考えられます。

このように、サロンの負担だけでなく売り上げや顧客数に直結する部分にも問題が生じてしまいます。

顧客データの管理

脱毛サロンの利用者は若い年代の女性に多く、年齢層が似通った複数の顧客の顔を把握しきることは不可能と言えます。また、口頭での来店予約や一括管理されていない紙のカルテでは顧客の管理が難しく、ダブルブッキングなどのミスを引き起こしかねません。

紙の束から該当する顧客のデータを探し出したり、それを予約情報と照らし合わせる時間は、サロンにとって大きな負担でありタイムロスです。

予約システムを用いない情報管理に人員や手間を割くことは、本来のサロンの業務を停滞させる可能性があります。

キャンセルの増加

脱毛サロンの利用者とともに増加しているのが、無断キャンセルや直前キャンセルです。メールなどで気軽に予約ができるようになったことで、予約したことをうっかり忘れてしまったり、日付を間違えるという事態が起こりやすくなりました。

予約時間になっても顧客の来店や遅刻連絡がない場合、サロン側から予約の確認に関する連絡を取らなければなりません。キャンセルは、金銭的な損害だけでなく時間と手間もかかるため、業界をまたいで近年大きな問題になっています。

脱毛サロンへの予約システム導入メリット

オンライン予約システムを導入することで、脱毛サロンの運営にどのようなメリットがあるのかを、業界シェア数1位を誇る予約システムRESERVAを例に挙げて紹介します。

RESERVA予約システムの特徴

RESERVAは、26万社を越える導入数と、350種類以上の業態での利用を誇る業界屈指のクラウド型予約システムです。アカウントの作成から予約サイトの完成まで最短3分というシンプルな操作性と、業種・業態ごとに必要な100種類以上の機能を豊富に揃えている点が高く評価されています。さらに、初めてのサイト運営で用いられる機能のほとんどがフリープランから利用できる点も、多くの人に選ばれている理由です。

→RESERVAで作成された脱毛サロンのサンプルサイトはこちら

画像引用元:RESERVA公式サイト「脱毛サロンのための予約システム」

①24時間365日予約受付可能

予約システムは24時間365日の自動受付になっているため、顧客はそれぞれ好きなタイミングで予約を確定できます。顧客側は電話がつながるのを待つ時間やメールを打つ手間を、サロン側は顧客対応の人員と時間をそれぞれ削減でき、双方にとってより利用しやすいサロンになります。

②顧客情報の一括管理

予約システムを導入すると、それまで別で確認していた予約情報と顧客データを結びつけて管理できるようになります。よって、施術前に顧客の進捗状況や前回の会話内容などを負担なく見直しておくことができます。またRESERVAには、対応スタッフ、顧客の好み、プランなどを画像とともに記録できるカルテ機能も搭載されており、基本的な予約情報に加えて記録したい内容がある場合もこの機能で顧客情報を安全にわかりやすく管理できます。

③スムーズな予約確認

オンラインで予約することによって、予約確認もかんたんになります。サイトを訪れて予約履歴を開いたり、予約確認時に配信されるメールを見ることで顧客は自身の予約日時を正しく把握でき、わざわざサロンに連絡して確認する手間が省けます。

また、RESERVAでは予約リマインドメール機能を搭載しており、予約日の前日に確認のメールを自動的に配信しています。この機能により顧客は予約を思い出せるため、無断キャンセルや直前キャンセルの防止につながります。

脱毛サロンにおすすめなRESERVAの機能

画像引用元:RESERVA公式サイト

オプションメニュー機能

オプションメニューでは、顧客が予約しようとしているメニューのほかに、トリートメントや麻酔などの追加メニューが表示されます。このオプションメニューはもちろんそれぞれのサイトで編集可能なので、店独自のオプションを考えることで客単価のアップや他店との差別化を図れます。

さらに、予約者がサイトから予約をする際に自動的にオプションが案内されるため、来店時に時間を割いて説明する必要がなく、スタッフや器具の準備も事前にできて非常に効率的です。

予約時アンケート機能

予約時アンケート機能とは、顧客がサイトから予約を確定させる際にアンケートに回答してもらえる機能です。質問の形式はラジオボタン(単一選択型)、チェックボックス(複数選択型)、プルダウン、テキストボックスから選択が可能になっています。スムーズに安心して施術を行うために、必要になる顧客の情報を事前に記入してもらうことでサロンの運営がしやすくなります。

脱毛サロンでは、部位ごとの優先順位や痛みへの耐性、不安なことなどを事前に記入してもらうことで所要時間を細かく予想できたり、不要な案内を省けます。

スタッフ指名機能

この機能では、予約時に自分の施術を担当してほしいスタッフを指名できます。前回の施術で満足度が高かったためリピートして同じスタッフに対応を頼みたいときや、初めてなので安心できるベテランのスタッフに施術をお願いしたい場合などに便利な機能です。顧客それぞれのニーズに合った対応がしやすくなるため、顧客満足度の向上やリピート率の増加にもつながります。

脱毛サロンでの導入事例

予約DX研究所では、以下のように実際にRESERVA予約システムを導入した方の生の声を紹介しています。

画像引用元:予約DX研究所 導入事例

個人経営のスクールにおすすめですね。RESERVA予約システムは無料で始められるので、手軽でかんたんに登録できます。予約サイトは6つのタイプから選べるので、サロン以外の自営業でも、事業形態にあったタイプが見つかると思います。どの予約システムを導入するか迷っている人は、まず一度試してみるのがおすすめです。

RESERVA活用事例|脱毛サロンプレヴェール神戸三宮【脱毛サロン】

まとめ

今回は脱毛サロンの運営におすすめなRESERVA予約システムを紹介しました。

RESERVAは、開設から初期設定・利用開始までのステップがシンプルで分かりやすいため、はじめて予約システムを導入する方やデバイスの操作に自信がない方にも安心してご利用いただけます。また、どんな用途でも活用しやすいように考え抜かれた機能が充実しており、それらを自由にカスタマイズすることで独自の予約サイトを作りだせます。予約システムの導入を検討している脱毛サロンにとって、本記事が参考になると幸いです。