カンリー提供のGoogleマイビジネス一括管理ツール「Canly(カンリー)」、TKP(ティーケーピー)に導入決定

カンリー提供のGoogleマイビジネス一括管理ツール「Canly(カンリー)」、TKP(ティーケーピー)に導入決定

【株式会社カンリー】
Googleマイビジネスや各SNSアカウントの一括管理サービス事業を行うカンリー(東京都渋谷区、代表:秋山祐太朗 / 辰巳衛)が提供する、店舗管理クラウドサービス「Canly」が、全国で約400店舗超の貸会議室を展開するティーケーピー(東京都新宿区、代表:河野貴輝)への導入が決定した。

Canlyは、Googleマイビジネスや各SNSの店舗アカウントを一括管理することで、管理・運用コストの削減、データ分析により店舗運営上の課題を特定し施策の改善につなげる店舗管理クラウドサービスだ。

Canlyを導入することで、Googleマップ上の各店舗の情報の一括管理、Googleマイビジネス上の運用コストの大幅削減が可能となる。これにより、コロナ禍の環境にマッチしたGoogleマップを起点とした集客や、デジタルマーケティングの強化が期待できる。

カンリー公式サイト
https://biz.can-ly.com

会社概要
会社名:株式会社カンリー
代表者:秋山祐太朗、辰巳衛
設立:2018年8月
所在地:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-8-3 TOC第一ビル7F
事業内容:
・小売、飲食店舗の集客支援・業務効率化サービス事業
・MEOコンサル事業
・インターネットメディア、広告事業等
資本金:4億5647万円(資本準備金等を含む)