おすすめ決済代行サービス大手3社比較|選び方やメリットも解説

おすすめ決済代行サービス大手3社比較|選び方やメリットも解説

近年、クレジットカードだけでなくコンビニ決済やQRコード決済など、決済手段が増え続けています。

しかし売り手にとって、「QRコード決済がどのような決済手段かわからない」「クレジットカード支払いや電子マネー決済など、お客様が求める多くの決済手段各々に対応することが難しい」といった悩みは尽きません。

決済代行サービスを導入することで、クレジットカード決済やキャリア決済などの様々な決済を一括して管理・利用でき、クレジットカードやキャリア決済だけでなく、QRコード決済や電子マネー決済など、近年現れた決済手段へもかんたんに対応できます。

また、有名な決済代行サービスであるPayPal(ペイパル)やAirPAY(エアペイ)、Zeus(ゼウス)は会計時やCMで見かける機会が頻繁にありますが、それぞれの特徴や違いがわからないという人も多くいます。

そこで今回は決済サービスの選び方のポイントとともに、Web・実店舗どちらでも導入することが可能なおすすめの大手決済サービス「PayPal」「AirPAY」「Zeus」の3社を、特徴を比較しながら紹介していきます。

1. 決済代行サービスとは

PalyPal、AirPAY、Zeusなどの決済代行サービスは、クレジットカードやコンビニ決済とはサービス内容が異なります。

決済代行サービスはクレジットカードや電子マネー決済など、現金を直接的に受け渡しをせずデータの送受信で決済を処理する各決済機関の間に立ち、オンライン上で一括して契約や管理システムを提供してくれるサービスのことです。

つまり、決済代行サービスを利用することで、クレジットカードや電子マネーを扱う各決済会社ごとに契約を結ぶ必要がなく、1回の契約で多くの決済手段を導入することが可能になります。

2. 決済代行サービス導入のメリット

これまで、「クレジットカードや電子マネー決済の種類が多く、一つ一つに対応することが面倒」「お客様がなかなか支払いを完了してくれない」「経理処理に時間がかかり、仕事の効率が悪い」といった悩みに頭を抱えたことはありませんか?

決済代行サービスはこれらの悩みを解決してくれます。以下、決済代行サービスのメリットについて詳しく説明していきます。

複数決済機関との契約が1回で済む

前述したとおり、決済代行サービスを利用することで、通常は個別に契約しなければならない各決済機関との契約や手続きを一括で行うことができます。決済代行サービス1社と契約するだけで、作業時間を短縮し多くの決済方法を用意することが可能です。

代金の回収・管理が容易になる

顧客によっては、前払いや後払い決済を選択していても、なかなか支払いが完了しない場合があります。また、コンビニ決済など、買い手が審査の必要な決済手段を選択し審査を通過できなかった際に、決済手段を変更しなくてはならない可能性もあります。そのような場合でも、決済代行サービスが代わりに支払いを催促してくれるため、入金漏れを回避しやすいことも大きなメリットです。

運営コストを削減

決済代行サービスを利用することで、さまざまな決済機関に接続するためのシステム開発を独自に行う必要がなく、開発コスト削減につながります。

加えて複数の決済機関からの入金を一本化され、経理処理の手間が省けます。また、利用するすべての決済をまとめて管理できるツールが提供されることで事務作業が効率化され、運用コストの削減も可能です。

3. 選ぶポイント

取り扱い可能な決済手段が豊富か

消費者のニーズに応えるため、できるだけ多くの決済手段を用意しておく必要があります。クレジットカード決済や銀行振込などの基本的な決済だけでなく、電子マネー決済、QRコード決済やコンビニ決済といった、近年広がりを見せている決済手段にも対応しているかを確認しましょう。

加えてサブスクリプションのような販売方法を扱っている場合、定期的な口座振替やクレジットカードの継続課金に対応しているサービスかどうかも重要なポイントになります。

セキュリティ体制が整っているか

決済情報という重要な個人情報を取り扱うため、セキュリティ体制が整っているサービスか否かにも注目しましょう。世界基準のセキュリティ、例えば国際基準であるPCIデータセキュリティ基準(PCI DSS)に準拠しているか、プライバシーマークを取得しているかなどが目安です。そして、万が一情報流出があった場合でも、十分に対策を取っているかどうかも選定のポイントとなります。

決済管理ツールが使いやすいか

提供される決済情報などの管理ツールが使いやすいか、欲しい機能がついているかどうかも確認しましょう。経理作業や事務処理を効率化するために重要な要素です。

手数料などが適切か

利用手数料が適切でないサービスを利用してしまった場合、コスト削減のために導入したにもかかわらず、コストが増えたという結果に陥ります。複数の決済代行サービスを比較して、手数料を抑えることが重要です。

4. CMでも話題の決済代行会社3社比較

PayPal(ペイパル)

画像引用元:PayPal公式サイト

動画引用元:Airレジ

・初期費用と月額利用料が無料、手数料は使った分だけ
・クレジットカードや銀行口座振り込みに対応
・業界最高水準の不正防止システムを採用
不正取引などの被害補償制度
買い手の支払い情報が売り手に伝わらない
・主要国の決済に対応可能なため海外展開がしやすい
決済時すぐアカウントに代金が入金される

AirPAY(エアペイ)

画像引用元:Airペイ公式サイト

動画引用元:PayPal – ペイパル 日本語公式チャンネル

・初期費用と月額費用が無料、手数料は業界最安値
決済手段が業界最多
他サービスよりもかんたんに導入できる
・国際基準のセキュリティ
・集計データが管理画面でチェックでき会計時間が削減できる

Zeus(ゼウス)

画像引用元:Zeus公式サイト

動画引用元:スマレジ

・費用の詳細は要相談
・決済手段が豊富
・国際基準のセキュリティでありプライバシーマークを取得している
・企業に合わせカスタマイズできる柔軟なサービスとシステム
24時間のサポート体制
事務作業や売上の分析が円滑になる売り上げ管理画面

まとめ

今回は決済代行サービスについて、選び方のポイントとCMで話題の3社を比較して紹介しました。

決済代行サービスを利用し、上手にメリットを得ることで、店舗や企業を成長させていきましょう。

bizlyではほかにも、病院・クリニック向けの実績が豊富なホームページ制作会社5選や、ホームページ、ブログ、ランディングページ作成のための便利ツール10選の記事などを執筆しています。合わせてご覧ください。
【病院・クリニック向け】実績が豊富なホームページ制作会社5選を紹介!
【企業・店舗や個人向け】ホームページ、ブログ、ランディングページ作成のための便利ツール10選|選び方のポイントも解説!