予約システムRESERVAの導入でベビーマッサージをより充実した時間に

予約システムRESERVAの導入でベビーマッサージをより充実した時間に

ベビーマッサージとは、赤ちゃんと両親のコミュニケーション手段のひとつであり、双方の身体と心に良い影響を与えるスキンシップです。赤ちゃんと触れ合う時間を大切にし、充実した親子関係を築くために、ベビーマッサージを実践する家庭も増えています。同時に、正しく効果的に赤ちゃんと触れ合うために、ベビーマッサージ教室の需要も高まっています。

しかし、産婦人科のプログラムなどではなく、ベビーマッサージを専門にした講座はそれほど多くないのが現状です。また、独立して運営しているベビーマッサージ教室の多くは個人経営であったり、講師自身が子育てをしながら開講している場合もあります。このようなかんたんではない状況下でもスムーズにベビーマッサージ教室を開講するためには、講師の負担を減らせるような予約システムの導入が効果的です。

本記事では、ベビーマッサージ教室におすすめの予約システム「RESERVA」を例に挙げ、その特徴や機能を紹介していきます。

ベビーマッサージ教室の運営における予約の問題点

ベビーマッサージ教室を経営する上で、問題となる点がいくつか存在します。

人員の不足

先ほども言及したように、現状多くのベビーマッサージ教室は個人経営の体制がとられています。そのため、慢性的な人員不足という問題に直面しています。講師が家事や子育てに追われている時間帯に予約の電話やメールが入っても、すぐに対応するのは困難です。そうしている間に、顧客がほかのベビーマッサージ教室に流れてしまう可能性もあると考えられます。また、個人で予約の管理をしていると、ダブルブッキングや記入漏れなどのミスが起こりやすくなってしまいます。

さらに、教室の開講時間に利用者が一度に来店しても、講師一人では同時に対応することができません。そのため、どうしてもタイムロスが生まれてしまいます。

このように、人員の不足は、教室の経営において深刻な問題だと言えます。

顧客情報の把握不足

ベビーマッサージ教室は、講師一人に対して複数の親子が参加する場合が多いです。そのため、講師はその回に参加する赤ちゃんや両親の情報を事前に把握しておく必要があります。それぞれの赤ちゃんの名前を間違えてしまったり、リピートして通っている利用者を把握しきれていなかったりすると、悪い印象を与えかねません。それだけでなく、赤ちゃんのアレルギー情報などをきちんと管理していないと、命にかかわる事態につながってしまう可能性もあります。

また、利用者に満足してもらうためには、それぞれの両親の抱える子育ての悩みについても、ほかの家族と混同させず真摯に向き合い、ひとりひとりに合ったサポートやアドバイスを続けていく必要があります。

個人での顧客情報の管理では、利用する媒体が統一できず、顧客の情報と予約情報を結び付けて保管することが難しくなります。管理が追い付かないと、受け入れる顧客数も制限せざるを得ないため、売り上げにも影響が出てしまいます。

利用者の日程管理

ベビーマッサージ教室の利用者は、もちろん子育て中の両親です。そのため、育児に追われていて時間がない状況は講師だけでなく顧客も同じになります。そこで起こる新たな問題は、利用者側の日程管理ミスです。

あわただしい日々の生活の中で、教室を予約したのはいつだったか忘れてしまったり、そもそも予約したこと自体を失念してしまうこともあるかもしれません。しかし、教室側から予約の確認の連絡をしたり、個々で入る予約確認の連絡に対応するのは教室を運営する上で大きな負担になります。さらに、ベビーマッサージの対象になる乳児は体調が変化しやすく、急な発熱なども珍しくありません。そのため、そういったやむを得ない事情でのキャンセルや日程変更に対応することも、ほかの教室と比べて多くなります。

このように、顧客が予定を管理しにくい状況にある点も教室運営における問題のひとつです。

ベビーマッサージにおける予約システムの活用

ベビーマッサージ教室に予約システムを導入した際にもたらされる効果について、RESERVA予約システムを例に挙げて紹介していきます。

RESERVA予約システムの特徴

RESERVAは、国内シェアトップクラスの実績を誇るクラウド型予約システムで、登録者数は26万社を越えています。業界・業種問わず350種類以上の業態で愛されており、現在最も選ばれている予約システムといえます。

予約サイトを開設した瞬間から受付が開始できるほどシンプルな操作性や、はじめてのサイト運営で必要になる多くの機能がフリープランでも利用できる点が高く評価されています。

→RESERVAで作成されたマッサージのサンプルサイトはこちら

画像引用元:RESERVA公式サイト「マッサージの予約システム」

①24時間365日受付可能

予約システムは自動受付となっており、顧客は24時間365日、自分のタイミングで予約が可能です。また、電話やメールでの予約と比較して気軽に申し込みやすくなっています。さらにRESERVAでは予約のキャンセルも自動で受け付けているため、教室側と顧客側、双方の負担を軽減できます。

②カルテによる顧客情報の一括管理

予約システムを導入すると、予約希望日や時間、さらには顧客それぞれの詳細なデータまですべてを一括管理できます。そのため、ダブルブッキングや入力漏れといった人為的ミスを防げるほか、教室の開始前にはスムーズに顧客データの確認ができます。これらの情報がきちんと整理されていることは、教室の円滑な運営を手助けします。

③利用者の予約確認

予約システムは、自分の申し込み履歴や予約確認メールをかんたんに見返せるため、日程を忘れてしまってもすぐに確認が可能です。

RESERVAでは会員機能を利用することでマイページを確認できるようになり、複数のサービスを予約していても混乱を避けることができます。

ベビーマッサージの予約に適したRESERVAの機能

画像引用元:RESERVA公式サイト

そのほかにも、RESERVAにはベビーマッサージ教室の運営に役立つ機能が多数搭載されています。

予約リマインドメール機能

リマインドメール機能とは、予約を頂いている顧客に対し予約状況の再確認通知を配信する機能です。事前に連絡をすることで、予約したことを忘れてしまっている顧客の直前キャンセルや無断キャンセルを防止できます。また、日々子育てに追われる顧客に対しリマインドメールを配信することは、教室側からの理解や気遣いを示すことにもつながります。

リマインドメールはテンプレートが設定されているため、自分で作成する必要がなくかんたんに設定できます。もちろん、テンプレートを編集してアレンジを加えることも可能です。

事前カード決済機能

カード決済機能とは、RESERVAのシステムから予約をした際に、事前にクレジットカードで料金を支払える機能です。この機能を利用することで、利用者は予約当日に会計をする必要がなくなります。そのため、ベビーマッサージ教室のような個人経営の多い業種では待ち時間が長くなってしまいがちな会計を省くことができます。赤ちゃんを連れた状態で財布を出し入れしたり、会計の順番を待つ必要がないため、利用者にとっても便利な機能です。

こちらのカード決済機能は、利用にあたってRESERVA Payment(レゼルバペイメント)という独自の決済代行サービスへの登録が必要になります。

アンケート機能

アンケート機能では、予約時に顧客に答えてもらうアンケートを追加できる機能です。質問の形式はラジオボタン(単一選択型)、チェックボックス(複数選択型)、プルダウン、テキストボックスから選択が可能です。この機能を活用し、事前に必要な情報を得ておくことによって、よりスムーズな運営が可能になります。

ベビーマッサージでは、赤ちゃんの名前やアレルギーなどの基本情報、最近の赤ちゃんの様子や悩みなどをあらかじめ入力してもらうことで、講師と利用者がコミュニケーションを取りやすくなります。

ベビーマッサージでの導入事例

予約DX研究所では、以下のように予約システムを導入した運営者の生の声が紹介されています。

画像引用元:予約DX研究所 導入事例

以前まではグーグルフォームで予約を受け付けていて、いろいろな方からくるメールやラインに返信することに膨大な時間を割いていました。予約管理はお客様との信頼関係につながる点や、子育て中でもあったため、効率的に予約管理ができないかと考え、RESERVA予約システムを導入しました。

RESERVA活用事例|baby milimili【ベビーマッサージ】

まとめ 

今回は、ベビーマッサージ教室の運営におすすめの予約システムとして、RESERVA予約システムを紹介しました。

RESERVA予約システムは、無料のプランでも多くの機能が利用でき、それぞれの事業に合った独自の追加サービスも充実しています。シンプルで操作性が高いだけでなく、事業者のニーズを最大限に汲んだ機能が搭載されていることにより、すべての人にとって満足して利用できる予約システムとなっています。

ベビーマッサージ教室の運営にあたり予約システムの導入を考えている方にとって、本記事が参考になれば幸いです。