おすすめSNS運用代行サービス3社比較|メリット・選び方も解説

おすすめSNS運用代行サービス3社比較|メリット・選び方も解説

近年、TwitterやInstagramなどのSNSが台頭し、これらSNSは我々の生活に欠かせないものとなりました。そして、企業やその製品・サービスの成長にとってもSNS運用は注目されています。

しかし、SNS運用について「SNS運用は継続しなければならず面倒」「どうしたらSNSアカウントのフォロワーが増えるかわからない」「話題になるような投稿が思いつかない」などの悩みを抱えている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

SNS運用代行サービスを利用することで、これらの悩みは解決されます。

この記事では

・SNS運用代行サービスとは
・SNS運用代行サービス利用のメリット
・SNS運用代行サービスの選び方
・おすすめSNS運用代行サービス3社

について紹介していきます。

1. SNS運用代行サービスとは

SNS運用代行サービスとは、その名の通り、依頼者に代わってTwitterやInstagramの投稿やDM送信などを代わりに行ってくれるサービスのことです。

具体的なSNS運用代行サービスの業務内容は

・投稿用テキストの作成/投稿
・投稿用画像の作成/投稿
・DMの送信/返信
・SNSアカウントの分析/レポート作成
・SNSの広告やPRの運用

などが挙げられます。

またSNS運用代行サービスを提供している企業により、任せることが可能な業務が異なります。

2. SNS運用代行サービス利用のメリット

SNS運用代行サービスの利用は、製品やサービスの認知拡大・利益向上につながります。これは以下2つのメリットに起因します。

継続したSNS運用が容易に

SNS運用の最大の困難は、継続して運用していくことと言っても過言ではありません。今まで「他業務に追われSNS運用だけに注力できない」「投稿に反響がなく続けていても無駄に思い、続けるモチベーションがなくなった」といった理由でSNS運用をやめてしまった方もいるでしょう。

しかし、影響力の大きいSNSアカウントを生み出すためには、継続して投稿やコメントなどをし続けることが必要不可欠です。

SNS運用代行サービスにSNS運用を任せることで、継続してSNS運用がなされ、SNSを通した製品やサービスの認知拡大・利益向上につながっていきます。

ノウハウがあるためアカウントの成長が早い

SNS運用は継続的かつ戦略的に行わなければ反響を呼ぶことはできません。

SNS代行サービスを提供している企業は、今まで幾度とSNS運用を行っているため、SNS運用に関するノウハウがあります。そのため、SNS運用代行サービスを利用することで戦略的にSNS運用を進めることができ、自社やその製品・サービスのSNSアカウントを影響力の大きなアカウントへと最短ルートで成長させることが可能です。

3. SNS運用代行サービスの選び方

どのSNSを任せたいか

SNS運用代行サービスによって、得意なSNSや扱っているSNSは異なります。そのため、まずはどのSNSを利用し、SNS運用代行サービスへ任せるかを選定しましょう。

選び方としては

・どの年齢層にアプローチしたいか
・テキスト投稿重視か画像投稿重視か
・情報拡散やブランディング等優先事項は何か

などが挙げられます。

3大SNSである「Twitter」「Instagram」「Facebook」の特徴もかんたんに解説します。

Twitter
・ユーザー層は10~20代が約7割、広い年齢層
・リアルタイムでの投稿が得意
・テキストは140文字までと短文
・拡散性が高い

Instagram
・ユーザー層は10~20代が半数以上
・動画や写真等ビジュアル重視の投稿が得意
・ブランディングに最適

Facebook
・ユーザー層は30代が半数、ビジネスパーソンが多い
・実名制でリアルな関係が反映されやすい
・広告のターゲティング精度が高い

ぜひ上記を参考に、利用するSNSを選定してみてください。

そのSNSのどの部分か

利用するSNSを決めたら、次にそのSNSのどの部分の運用をSNS運用代行サービスに任せるかを決定しましょう。

「認知拡大を成功させるための戦略策定だけ頼みたい」
「投稿する画像や動画の作成を頼みたい」
「SNSでの広告配信まで行って欲しい」
「SNS運用に関することはすべてお願いしたい」

など、依頼者によって要望は異なります。SNS運用を依頼するうえで何を外注したいかを明確にし、その要望を依頼することが可能なSNS運用代行サービスを選定しましょう。

質が高く実績があるか

せっかくSNS運用代行サービスを利用しても、「製品・サービスの認知度が上がらない」「自社製品のイメージが損なわれた」といった事態になってしまったら、無駄な出費になります。

「今までどのようなSNS運用を行ってきたか」「どの程度のノウハウがあるか」などを確認し、SNS運用代行サービスを選びましょう。

費用はどのくらいかかるか

SNS運用代行サービスを利用するためには、少なからず費用がかかります。しかし、SNS運用代行サービスをうまく利用することで、結果的に人件費削減や製品・サービスの利益向上につながります。

自社で行える部分は自社でまかない一部分だけSNS運用を外注する、高いクオリティながら他社よりも安くSNS運用を外注可能なサービスを選定するなど、「費用対効果」を十分に検討しましょう。

おすすめSNS運用代行サービス3社比較

上記の選び方を踏まえたおすすめのSNS運用代行サービスである「Gugenka」「Bucket」「ライトアップ」の3社を、比較しながら紹介していきます。

Gugenka(グゲンカ)

画像引用元:Gugenka公式サイト
対応SNS・Twitter
・Instagram
・YouTube
・Facebook
・LINE
特徴・キャンペーンやコンテンツコラボも依頼可能
・戦略設計から効果分析まですべてサポート可能
・料金体験を細分化することで低価格を実現
・SNS以外の顧客への発信ツールにも対応
利用費用 SNS運営代行:105,000円/ 月〜
内容による見積もり料金のため、詳しくは公式サイトをご覧下さい。Gugenka公式サイト

Bucket(バケット)

画像引用元:Bucket公式サイト
対応SNS・Facebook
・Twitter
・Instagram
・LINE
特徴・Twitterでのイベント中継対応
・キャンペーン展開の依頼可能
・コンサルから提案、実行まで
・SNSビジネスが始まった2008年からのノウハウ
利用費用 運用支援
・アカウント管理/投稿管理:300,000円/月
・ユーザーサポート:150,000円/月
・モニタリングレポート:100,000円/月
内容による見積もり料金のため、詳しくは公式サイトをご覧ください。Bucket公式サイト

ライトアップ

対応SNS・Facebook
・Twitter
・Instagram
・LINE
特徴企業ならではの事情にも柔軟に対応
・SNS以外の顧客への発信ツールにも対応
・一部業務に特化した対応も可能
利用費用 ・Twitter運用:50,000円/月10本~
・Facebook運用:50,000円/月10本~
・Instagram運用:50,000円/月10本~
・LINE運用:30,000円/月3本~
内容による見積料金のため詳しくは公式サイトをご覧ください。ライトアップ公式サイト

まとめ

今回はSNS運用代行サービスとはなにか、SNS運用代行サービス利用のメリットや選び方、そしておすすめSNS運用代行サービス会社を比較紹介しながら紹介しました。

総務省の「令和元年通信利用動向調査」によると、令和元年のSNS利用状況は国民全体の約7割にも上るという調査結果が出ています。この割合は今後も大きくなり、SNS運用は企業の成長にとってなくてはならない存在になるでしょう。

SNS運用ができず企業やその製品・サービスが衰退した、という結果に陥らないために、ぜひ本記事のSNS運用代行サービスの選び方やおすすめSNS運用代行サービス会社「Gugenka」「Bucket」「タイトアップ」3社比較を参考にしながら、SNS運用を行ってみてください。