オンラインカウンセリングのための予約システムやツールとは?

オンラインカウンセリングのための予約システムやツールとは?

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、非接触ニーズに対応するキャッシュレス化の推進や、対面からリモート型への転換により、新しい生活様式が根付いてきました。その際、カウンセリングを対面からオンラインに移行しようと考えている方も多いでしょう。

今回は、オンラインカウンセリングが可能な予約システムやツールを事例と共にご紹介します。

オンラインカウンセリングのメリットとデメリット

カウンセリングをオンラインで実施するメリットは複数あります。デメリットももあり、下記を留意しておく必要があります。

メリット

・感染リスクがない
・時間や場所に関係なく、カウンセリングを提供
・自宅で受けられるため、相談しやすい
・コストの削減が可能

デメリット

・症状によっては、通院の方が良い場合もある 
(緊急性を要するものなど)
・機器の不具合が発生する場合がある
・スマートフォンやパソコンの設定が必要

オンラインカウンセリングができるおすすめシステムやツール

この章では、オンラインカウンセリングができるおすすめのシステムやツールを紹介します。システムやツールを選ぶときには、コストや使いやすさが重要です。また、オンラインカウンセリングを実施できること以外にも、一緒に予約や決済ができると便利です。

予約システムについては、「【無料あり】予約システムの選び方とおすすめツール25選を紹介」の記事でも詳しく紹介しています。

RESERVA

RESERVAは導入社数20万社以上の実績があり、誰でも無料でかんたんに利用できる予約システムです。Web会議ツールのZoomと連携しているため、オンラインカウンセリングに対応しています。Zoom連携機能を使えば、予約受付管理からオンライン参加情報の配信、事前決済、当日のオンラインレッスン開始、アフターフォローなどの自動化が可能です。

 

また、予約をLINEやメールなどで受け付けると時間がかかったり、直前の予約やキャンセルが相次いで対応ができなかったりなど、予約枠を無駄にしてしまう課題がありますが、このような課題をRESERVAは解決します。オンラインカウンセリングを実施する際に、予約管理や顧客管理に手間がかかっていた方にもおすすめのサービスです。

以下のURLから、詳細を確認できます。

予約システムの作成を無料でサポート!【RESERVA機能紹介】

 

画像引用元:RESERVA公式サイト

STORES予約

画像引用元:STORES公式サイト

STORESもRESERVA同様にZoom連携ができる予約システムで、10万社以上の企業に導入されています。

両者とも、無料プランから多くの機能が使えますが、予約画面形式やプランの種類、対応言語、集客方法など細部が異なります。また、STORESはネットショップ機能もあるため、ECサイトを設立する目的がある場合は適しています。

両者の違いについては、以下の記事にもまとめています。

予約管理システムRESERVAとSTORESを徹底比較|導入前に絶対読むべき比較ポイント【2021年】

SELECTTYPE 

 

画像引用元:SELECTTYPE公式サイト

SELECTTYPEも、RESERVAやSTORES予約と同じく、Zoomと連携しています。

無料プランから豊富な予約機能は使えませんが、テンプレートからすぐに予約サイトを作成できます。自分で背景の写真やオプションなどカスタマイズをする必手間を掛けずに、テンプレートから予約サイトを作成したい方にはおすすめです。

オンラインカウンセリングができる予約システムやツールまとめ

今回の記事では、オンラインカウンセリングのメリットやデメリット、予約システムやツールの事例などを紹介しました。

予約システムを選ぶときには、コストや使いやすさも大事ですが、Zoom連携などオンラインのイベントに対応している上に、顧客管理や決済なども出来るシステムやツールの選択をおすすめします。

以下の記事でも、オンラインの事例などをまとめています。

レッスンやスクールに向いているおすすめの予約システムは?オンラインやサブスク対応が重要!