予約管理システムRESERVAとSTORESを徹底比較|導入前に絶対読むべき比較ポイント【2021年】

予約管理システムRESERVAとSTORESを徹底比較|導入前に絶対読むべき比較ポイント【2021年】

予約管理システムとは、オンライン上で予約受付・管理、顧客情報を取り扱えるサービスのことを指します。新型コロナワクチン接種の予約システムを開発した事業者も含めると、その数は50サービス以上あると考えられます。

今回はその中でも知名度の高い2社について、業界最大級の導入実績「RESERVA」(レゼルバ)とアンジャッシュ児嶋さんが出演するCMでおなじみ「STORES 予約(旧Coubic [クービック] )」とを徹底比較します。

当メディアではシステムサービスの比較記事を展開し、各社の特徴、強みの点を明らかにして参ります。今回は総合型予約システムの調査分析より執筆します。

現在調査対象の予約システム一覧

ChoiceRESERVE(チョイスリザーブ)、AirRESERVE(リクルート)SELECT TYPE、form run(フォームラン)、SuperSaas、STORES、Goope(グーペ)、eReserve、ResKa(レスカ)、EDISONE(エジソン)、STAR RESERVE(スターリザーブ)、Reservation Engine(リザベーション・エンジン)、Osaerunet(おさえるネット)、ヨヤクノート、TORETA(トレタ)、COPRO Q-PASS(コプロキューパス)、tol、ワンモアハンド

当社ではソフトウェアサービス/システムの比較調査を実施しています。

各社概要

RESERVA予約システム

RESERVA(レゼルバ)は登録事業者数180,000社と国内最大級の導入実績を誇るSaaS型予約管理システムです。350種類以上の様々な業種・業界に対応するべく、予約システムを6つのタイプで提供(サービス(2種)、スクール、イベント、施設、宿泊)、どのようなサービスにも適用できる総合型予約システムとして高い評価を得ています。利用者は個人事業主から上場企業・公的機関(官公庁含む)まで、世界80か国でも予約サイトが活用されています。

豊富な機能を取り揃えており、無料で利用が可能(一部有料機能あり)。アカウント作成から予約システム作成完了まで最短3分で立ち上げられ、即日で予約受付ができます。シンプルなデザイン性なので、予約受付をする事業者にも、予約する顧客にとっても、パソコン操作が苦手な方におすすめです。

価格・月額料金は料金表ページ

STORES 予約(旧Coubic [クービック])

サービス提供:ヘイ株式会社 
※2020年08月クービック、ヘイの完全子会社化
※2020年10月より、サービス提供者向けの予約システム Coubic は、STORES 予約 に 名称変更。

STORES 予約は、「お店のデジタルまるっと」をテーマに、ネットショップ開設を支援、キャッシュレス決済導入をアシストする個人事業主に安心のサービスです。ホームページ作成から予約・顧客管理などサービスを一元的に提供しています。

元はクービックという名前で知られていた予約システムです。

利用者の声(両社比較①)

インターネット上にある様々な口コミ、評判、評価などは比較参考になっても、最終的な決断、判断材料になりにくいと感じる方もいらっしゃると思います。そうしたときは、ご自身のビジネスに類似する事業者の声を参考にされることをおススメします。

RESERVA予約システム

(抜粋コメント)

RESERVAをはじめて知ったのは、SNSで情報収集をしていたときです。ある有名な美容師の方がRESERVAを使って予約サイト作っていて、それがすごく見やすかったんですよ。

【RESERVA活用事例インタビュー】―フータリンカ(HOOTALINQUA) Hair Salon Taipei

「予約システム」と検索してみると結構な数がヒットし、ひとまず試しで使ってみようという感覚で、RESERVAを選択しました。実際使い始めてみると、操作感はそこまで難しくはないという印象です。メニュー画面を作成する際も、専用のマニュアルを読み込んだりすることはなく、ある程度かんたんに完成させることができました。どうしてもわからないところがあったときは問い合わせをしましたが、概ね問題なく使えています。

【RESERVA活用事例インタビュー】―大人の隠れ場グランパパ

過去に他社予約システムを利用していましたが、予約の登録方法など分かりづらかったり、非常に面倒だったりで続かず、メールでの予約フォームからやり取りしていました。RESERVAの使いやすさを知ってから、もっと早くに導入したかったと思います。

RESERVA活用事例|Ritomico 幼児音楽教室&キッズルームカフェ

活用事例集のブログからは、利用者の多くの方が「過去に他社予約システムを利用していましたが、今はRESERVAに乗りかえた」と回答しており、「機能面」及び「データ管理の安全性」で選ばれているということがわかりました。

STORES 予約(旧Coubic [クービック])

(抜粋コメント)

STORES 予約 の担当者の方と話をして、「小さいチームでも仕組みをつくりやすい」ということで導入してみることにしたんです。また、ちょうど「デジタル接客に特化したチーム」を立ち上げたばかりでしたので、その流れで「リモート接客」もあわせてやってみることに決めました。

株式会社コーエン 〜コロナ禍でオンライン上のサービスを加速。

「予約ページをブログのように書ける」というのが STORES 予約 を選んだ1番の決め手ですね。TheSaunaは、特殊な施設なので、画像や文章で、必要な情報を伝えたいと思っていたんです。

問い合わせ対応業務が1/10に! STORES 予約 でサウナ施設の予約受付を効率化

様々な予約システムを比較・検討したところ、導入実績を含め、月謝制とチケット制の機能がしっかりしていてすぐに使うことができるというところが決め手となり STORES 予約を導入することにしました。

月謝・チケット制(回数券)機能が便利!メール自動配信で業務効率化も

STORES利用者の声からは、サポート体制の充実性と、チケット機能に関する評価の点が挙げられています。

SNS・マニュアル情報発信(両社比較②)

両システムとも、SNSでの情報配信や使い方マニュアルなど、予約システム導入後もタイムリーなリリース情報入手、不明点を調べたい際のマニュアルサイトなど充実していることがわかりました。

RESERVA予約システム

オウンドメディア:RESERVA Digital

マニュアル操作ガイド:Zendeskマニュアル

Twitter:RESERVA(レゼルバ)|無料作成の予約システム

Instagram:reserva.be (公式インスタグラム)

YouTube:【公式】RESERVA予約システム

STORES 予約(旧Coubic [クービック])

オウンドメディア:STORES Magazine

Twitter:STORES 予約 | TVCM放映中 テレビ お店のデジタル、まるっと

Instagram:stores.jp (公式インスタグラム)

YouTube:STORES Channel

システム開発力(両社比較③)

予約システムを運営する企業の開発運営の能力はサービス利用者の利便性にも関わります。リニューアルリリース、社会的ニーズに合わせた新機能追加など動向を見ることも大切になります。

例えば、昨年からワクチン接種予約がトレンドワードとなり、予約システム各社の対応に注目が集まりました。RESERVA予約システム、STORES予約ともに、システム開発、リリースに乗り出し、全国の自治体、医療機関で導入がなされました。中小規模のシステム会社ですと開発に時間が割けず、ワクチン接種予約で乗り出したのは、他大手システム会社が目立ちました。

RESERVA予約システム

STORES 予約(旧Coubic [クービック])

予約システム導入のメリット

予約システム導入のメリットといえば、電話予約受付、紙台帳運用が解消され業務効率化が期待できますが、この他にも、

・24時間365日、自動予約受付が可能

・無料であらゆる機能が使えるのでコスト削減できる

・自社独自の予約サイトとして運用可能

・金銭授受を解消するキャッシュレス、無人化運用で感染予防対策

画像引用元:RESERVADigital記事

このような点が挙げられます。導入を検討の方は、最後に選定ポイント整理しましょう。

予約システム選定のポイント

総合型か専門型か

 予約システムには、ホットペッパー、トレタなどの業界専門型の予約システムと、あらゆる業種に対応できる汎用性の高い予約システムがあります。選定の際にはここの違いを理解しましょう。

無料版があるか

 導入してみて使い勝手が分からないと、その後のオンライン予約運用は進みません。まずは無料版、体験版で使用感を見て(UI/UX)お気に入りのシステムを決めてください。

機能の豊富さ

予約システムを使用していると、こういう機能が欲しい、ここはこうならないかな、と色々と要望が出てきます。初めのうちはシステム理解に精一杯ですが、慣れてくると物足りなさを感じるかもしれません。初期の段階で機能数、機能性の部分が豊富にあるシステムを選ぶことはその後継続して利用するうえでは重要です。

運営事業会社の信用度

 予約システムを長く使い続けるためには、あたりまえですが、開発運営する会社が存続しない限りサービス停止などは考えられます。新型コロナワクチン接種を機に多く誕生した予約システムですが、サービス終了、企業買収などがあった際には大きくサービスが変わったり、価格が跳ね上がったりすることがあるかもしれません。 情報漏洩など過去に事故がないか、顧客データを扱ううえで、安全性は保たれているか、こうした点はしっかり見ておくべきでしょう。