【無料あり】スマホ対応の予約システムおすすめ5選|業種別で予約システム選定方法を紹介

【無料あり】スマホ対応の予約システムおすすめ5選|業種別で予約システム選定方法を紹介

近年は、どの業種でも事前予約が一般的になっており、株式会社リクルートホットペッパービューティーアカデミーが全国の20~49歳の男女を対象に行った「美容サロンのDXに関する利用意識・実態調査」によると、女性の77.4%・男性の76.7%が「オンラインやデジタルツールを使ったサービスは増えるべき」、女性の85.5%・男性の80.4%が「オンラインやデジタルツールを使ったサービスは時間や手続きが効率化されてうれしい」と回答しています。

このことから、業種や店舗の規模感問わず、オンライン予約への対応は必要不可欠であると言えます。しかし、予約システムの違いはわかりにくく、高い費用を払って導入したのにもかかわらず、欲しい機能が搭載されていなかった、自社の運営スタイルに合わなかったといった例も少なくありません。

また、予約システムは毎日使うものであるため、画面の見やすさや使い勝手も重要な選定ポイントとなります。予約システムの中には、スマホからかんたんに予約管理できるものや、外部システムとの連携機能を搭載しているものもあります。そのため、デザインの良し悪しだけでなく、現在の業務をどのように効率化できるかを想定して、システムを選定しましょう。

そこで、今回は予約システムの選定ポイント、おすすめの予約システムを紹介します。

予約システムとは

予約システムとは、店舗やイベントの予約をクラウド上で一元管理するシステムです。予約システムは、24時間365日予約を受け付けており、パソコンやタブレット・スマートフォン1台で管理可能なため、予約業務の効率化・生産性の向上に大きく貢献します。

予約受付を自動化するメリット

予約受付に予約システムを導入すると以下のようなメリットがあります。

24時間365日予約可能

予約システムを導入すると365日24時間場所を問わず、スタッフとのやり取りなしで予約が完了します。顧客は、時間帯や定休日を気にせず、興味を持った瞬間に予約ができるため、利用者の増加・売り上げアップが予想されます。

空き状況も予約サイト内のカレンダーから確認できるため、予約確定までに長い時間を要することがなく、ストレスなく当日を迎えられます。

予約業務の自動化

予約システムを導入すると自動で空き状況の掲示、予約受付・予約管理が行われるため、忙しい合間を縫って電話対応やメールを返信する手間が削減されます。

また、予約情報・顧客情報は自動でデータベース化されるため、スタッフが手動で予約カレンダーを作成したり、Excelや台帳に入力する必要がなくなります。それにともない、電話対応時の聞き間違いや記入ミス、確認漏れ等が発生しなくなるため、予約に関するトラブルが発生しにくくなります。

新規顧客の獲得やリピーター率を向上

多くの予約システムでは、予約に関連する機能だけでなく、メッセージ配信機能やクーポン機能、事前決済機能、データ分析機能、レビュー掲載機能など、業務の効率化に加え、新規顧客・リピーター獲得に役立つような機能を搭載しています。

システムの導入により、電話や紙での予約管理では難しかったことが実現し、運営やサービスを充実させることが可能です。

5つの予約システム選定ポイント

予約システムを選ぶ際には以下の5つのポイントを見極めると、自社に合ったシステムを見つけることが可能です。

1.予約形式

業種によって予約枠の設定は大きく異なります。例えば、美容室や医院の場合は、顧客が営業時間内から好きな時間を選択しますが、英会話レッスンや講習会などの場合は、管理者が事前に作成した予約枠の中から顧客が都合の良い枠を選択します。

予約枠の作成方法が店舗に合っていないと、予約の確認もスタッフのシフト管理も非常に手間がかかるため、自社はどのようなスタイルか把握した上で予約ツールを選定するのがおすすめです。

【業種別予約形式例】
〇病院・マッサージ・治療院等→利用者日時指定
〇美容室・ネイルサロン・パーソナルジム等→利用者日時指定+スタッフ指名
〇コワーキングスペース・貸し会議室・レンタルサービス等→利用者日時指定+利用期間設定
〇塾・ヨガ教室・オンラインレッスン等→管理者予約枠作成(+ビデオチャットツール)
〇講習会・イベント・展示会等→管理者予約枠作成
〇旅館・ホテル・キャンプ場等→部屋・宿泊人数・宿泊日数選択

2.無料で使える機能・有料で使える機能

予約システムの中には、無料プランや複数の料金プランを用意しているものがあります。無料でどこまでできるのか(どんな制限があるのか)、欲しい機能はどのプランから利用できるのかを確認しましょう。特に重視すべきは、月間の予約件数や顧客情報や予約情報の保管期間などです。

3.導入にかかる費用と時間

システムによって契約期間や導入までの流れ、利用料金は大きく異なるため、どれくらい費用と時間がかかるのか事前に確認することが重要です。

そのためにも、まずは気軽に試せる価格帯で、操作性が分かりやすいシステムをおすすめします。可能であれば、無料プランやお試し期間があるサービスから始めると使用感を確かめられるため安心です。

4.使いやすさ

予約システムは毎日使うことになるため、操作性も重要です。有料プランを契約する前に無料プランで試してみたり、サンプルサイトやお試し利用で事前に確かめておくと、導入後不満を感じにくいです。また、予約時には顧客もシステムを操作することになるため、予約画面はデザイン性だけでなく、予約方法のわかりやすさも大切です。

また、設定方法や操作方法が分からない場合に、運営会社がどのようなサポートをしてくれるのかを確認しておくと安心です。

5.セキュリティ体制

予約を受け付けるにあたり、顧客の氏名や電話番号など個人情報を把握する必要があるため、情報セキュリティ面で安全なシステムであることがが欠かせません。

例えば、第三者機関の認証を取得していること、不正アクセスに対する監視など個人情報が漏洩しない安全なシステムを推奨します。

おすすめ予約システム5選の特徴

予約システムには多様な機能が搭載されており、業種によって向き不向きがあります。おすすめ予約システム5選の対応業種・機能をまとめました。

 システム名       対応業種     初期費用    月額利用料       決済手数料       外部連携機能      アプリ  スマホ対応     無料で使える機能          有料で使える機能         
RESERVA多様な業種に対応0円・フリープラン:0円
・ブループラン:3,850円
・シルバープラン:6,600円
・ゴールドプラン:13,200円
・エンタープライズプラン:25,300円
・スイートプラン:55,000円
4.9%・Zoom連携
・Googleカレンダー連携
・スマートロック連携
・Googleアナリティクス連携
・アフィリエイト連携 など
×〇(タブレット対応)・予約サイト作成
・予約管理
・予約情報CSV出力
・予約/キャンセル締切設定
・予約サイトの閲覧制限
・顧客管理
・顧客情報CSV一括登録
・顧客データ分析
・自動メール配信
・事前決済
・月謝徴収
・アンケート
・カルテ(※2023年3月に有料化)
・予約カレンダーの外部埋め込み
・Googleカレンダー連携
・Googleアナリティクス連携 など
・会員設定
・団体予約
・残席数表示
・Zoom連携
・複数料金設定
・予約リマインドメール
・キャンセル待ち
・固定文言編集
・予約枠・日程一括登録
・多言語対応
・自動配信メール本文編集
・準備時間設定
・レビュー収集
・予約データ分析
・スマートロック連携
・自社ホームページへの埋め込み など
tolサロン系・教室運営に対応0円・Starterプラン:0円
・Businessプラン:3,980円
・Shopプラン:19,800円
・Companyプラン:要問合せ
6%・Googleアナリティクス連携 など〇(パソコン非対応)・予約管理
・ネット決済
・自動メール配信
・予約リマインドメール
・予約受付のプッシュ通知 など
・顧客管理
・メールの文言変更
・予約ブロック
・顧客/予約データのCSV出力
・スタッフ指名
・売上管理
・ダー連携
・Googleアナリティクス連携 など
coming-soonサロン運営に対応30,000円・ライトプラン:
・スタンダードプラン:
機能なし・外部予約連携
・LINE連携予約
・Googleアナリティクス連携
・Googleタグマネージャー連携 など
・次回来店時予測計算
・LINE連携予約
・シフト管理
・顧客管理
・カルテ
・自動メール配信
・カミングメール(オートプッシュ機能) など
・隙間時間ブロック
・Googleアナリティクス連携
・Googleタグマネージャー連携
・Webアンケート作成・集計機能
・誕生日メール送信機能 など
Square予約サロン系・教室運営に対応0円・フリープラン:0円
・プラスプラン:3,000円
・プレミアムプラン:8,000円
・フリープラン:3.25%
・プラスプラン:3.75%
・プレミアムプラン:3.95%
・Instagramとの連携
・Google予約機能との連携
・Eコマースアプリ連携
・会計/税務ソフト連携
・フォーム作成ツール連携
・マーケティング/ロイヤルティクラウドサービス連携 など
・メールとSMSによる自動リマインダー
・繰り返しの予約
・Instagramとの連携
・Googleの予約機能との連携
・従業員の個人アカウント
・勤怠管理
・タッチ/挿入/スワイプ/QRコードによる対面決済 など
・Googleカレンダーとの同期
・リソース管理
・スタッフの歩合給 など
MOSHサロン系・教室運営に対応0円0円
(売上の3.6%)
3.6%・Facebook連携
・LINE連携
・Zoom連携 など
×・ホームページ作成
・予約管理
・月額サブスク
・回数券
・オンライン決済
・クーポン
・zoom連携
・感想レポート など
・有料プランなし

おすすめ予約システム5選比較

1.RESERVA(レゼルバ)

画像引用元:RESERVA公式サイト

RESERVA(レゼルバ)は、登録事業者数20万社と国内最大級の導入実績を誇るクラウド型予約管理システムです。アカウント作成から予約サイト作成完了まで最短3分で立ち上げられ、予約画面・管理画面ともに操作性がシンプルでわかりやすいため、スタッフが多い店舗や操作性に不安がある場合でもスムーズに利用可能です。

RESERVAには、サービス提供タイプ(スタッフ指名なし)、サービス提供タイプ(スタッフ指名あり)、スクール・アクティビティタイプ、イベント・セミナータイプ、施設予約タイプ、宿泊施設予約タイプの6つの予約タイプが用意されており、業界・業種問わず350種類以上の業態で利用されています。

また、永久無料で利用できるフリープランから豊富な機能を利用できるため、はじめはあまり導入コストをかけたくない・使用感を確かめてから使いたいといった運営者にもおすすめです。有料プランのお試し利用も提供しているため、欲しい機能の使用感を確かめることが可能です。

【対応業種】

・スクール/レッスン
・サロン
・レンタル施設
・イベント/セミナー
・病院/クリニック
・宿泊施設
・レクリエーション施設
・窓口/来店接客
・相談/コンサルタント
・ヘルスケア
・アクティビティ
・訪問サービス
・車両管理
・工場/施設見学 など

【有料プランで使える便利な機能】

画像引用元:RESERVA公式サイト

予約時アンケート機能(ゴールドプラン)…予約者の氏名や連絡先などの基本情報入力項目に加え、アンケート項目を設置する機能です。予約時アンケートで事前に予約者のニーズを把握することで、スムーズに施術やレッスンに移ることが可能です。

アンケート回答方法は、複数の選択肢から1つ、もしくは複数選択するスタイルと単語・文章で入力するスタイルがあるため、多様な質問に対応しています。

キャンセル待ち機能(ゴールドプラン)…予約キャンセルが生じた際に、キャンセル待ちをしている予約者に対して自動で通知メールを配信する機能です。急なキャンセルが発生した場合も、効率的に枠を埋めることができるため、機会損失を防ぐことが可能です。

予約リマインドメール機能(ゴールドプラン)…予約日前日午前7時に予約内容を再通知するメールを送信する機能です。数カ月前から予約を入れていたり、予約日付近で用事が立て込んでいて、予約を忘れていた場合も思い出すきっかけとなるため、無断キャンセルや直前キャンセルが減少します。

Zoom連携機能(ゴールドプラン)…ビデオチャットツールZoomと連携し、管理画面上でミーティング作成・開始をする機能です。別途Zoomアプリを開いて作業する手間がなくなるため、オンラインレッスンがスムーズになります。

スマートロック連携機能(エンタープライズプラン)…Akerun入退室管理システムと連携し、キーレスで施設の利用ができる機能です。施設管理者と予約者が接触する必要がなくなるため、無人運営が実現します。

レビュー収集/掲示機能(ゴールドプラン)…予約サイト内に来店客による0~10の11段階評価と感想を予約サイト内に掲載する機能です。口コミは第三者による評価であるため、信頼を得やすく、利用を迷っている人も参考にしやすいです。

【料金プラン】(税込)

プラン名   初期費用   月額利用料    主な機能
フリープラン0円0円オンラインカード決済、月額プラン機能、オプションメニュー設定、仮予約受付、予約不可登録、シンプルアンケート、自動メール配信、クーポン機能、顧客データ分析、Googleカレンダー連携 など
ブループラン0円3,850円オンラインカード決済、月額プラン機能、オプションメニュー設定、仮予約受付、予約不可登録、シンプルアンケート、自動メール配信、クーポン機能、Googleカレンダー連携 など
シルバープラン0円6,600円広告非表示、メルマガ配信機能、団体予約機能、残席表示機能、予約受付開始日設定、担当スタッフへの個別通知機能(サービス提供タイプ(スタッフ指名あり))、SEO対策 など
ゴールドプラン0円13,200円カテゴリ設定、会員機能、準備時間設定、予約枠・日程一括登録、予約時アンケート、キャンセル待ち機能、顧客属性追加機能、自動配信メール本文カスタマイズ機能、リマインドメール配信機能、レビュー掲載機能、Zoom連携機能、多言語設定機能 など
エンタープライズプラン0円25,300円QRコード発行機能、予約件数制限、広告コンバージョンタグ設置、予約データ分析、スマートロック連携機能(施設予約タイプ)、予約サイト埋め込み機能、決済方法選択 など
スイートプラン0円55,000円QRコード発行機能、予約件数制限、広告コンバージョンタグ設置、予約データ分析、スマートロック連携機能(施設予約タイプ)、予約サイト埋め込み機能、決済方法選択 など

→RESERVAの料金表・機能の詳細はこちら

【導入事例】

予約業務をシステム化することで、メニューや担当者の管理をする面での人件費のコストカットができます。本来指導者はサッカーの指導をメインにしたいはずで、不得意な事務作業をストレスに感じることも多いです。当スクールでRESERVAを導入したことで、大好きなサッカーを教えることに集中できる環境になり、人材の育成に力を割けるようになったことが非常によかったです。指導者の満足度向上にも貢献していますね。

また、こちらが手間に感じている部分をミスなく対処してくれるシステムである点も魅力です。会員の方もはじめは戸惑いがあったようですが、利用していくうちにだんだん慣れてきて、今は問題なく使えています。ゆくゆくはクレジットカード決済を導入して、現地決済の手間も省けたらと考えています。

スクール・アクティビティタイプ利用

RESERVA活用事例|すぽーつびとサッカーアカデミー【スクール・レッスン】

予約受付から決済までをすべてオンラインで完結することができるようになったという点で、大きなメリットを感じました。予約受付については、24時間365日予約を受付できるので、電話に出られず予約の機会損失をする心配がなくなりました。決済についても、RESERVAペイメントというクレジットカード決済システムを導入することができ、オンラインでの事前決済ができるようになりました。これによって、決済管理が楽になるだけでなく、直前の無断キャンセルもなくなることが期待できます。

宿泊施設タイプ利用

RESERVA活用事例|ホタルのさと石原西まちなかキャンプ場【宿泊施設・キャンプ場】

当院ではRESERVA以外にも電話やメール等で予約を受け付けていますが、RESERVA予約システムを導入した結果、予約が30%以上増加しました。これは営業時間外でもかんたんに予約ができるRESERVAだからこそだと思います。こういった効果を導入後10日以内で得られたので、予約システムを導入して本当によかったです。予約者側も、コースの選択から予約確定までの手間が少なく、サクサク予約できるのもポイントですね。

サービス提供タイプ(スタッフ指名なし)利用

RESERVA活用事例|整体院 LAYBACK-レイバック-【整体院】

2.tol(トル)

画像引用元:tol公式サイト

tol(トル)は、予約サイト作成スマートフォン向けアプリです。アプリをインストールし、必要な情報を登録するだけで、かんたんにオンライン予約を受け付けられるようになります。予約受付や予約管理などの基本的な機能を無料から利用でき、出先でもすぐにスマートフォンやタブレットから予約状況を確認できるのが特徴です。

【対応業種】

・ヨガ/ピラティス
・フィットネス/パーソナルジム
・料理教室/クッキングスクール
・イベント/ワークショップ
・ネイルサロン
・エステサロン/脱毛サロン
・整体院/接骨院/鍼灸院
・スクール/教室
・ゴルフレッスン
・アウトドア/レジャー
・カウンセリング/コーチング
・スパ/マッサージ

【有料プランで使える便利な機能】

画像引用元:tol公式サイト

・オプションメニュー機能
・スタッフ指名機能
・顧客・予約データのCSV出力
・Googleアナリティクス機能 など

【料金プラン】

プラン名初期費用   月額利用料   主な機能
Starterプラン0円0円ネット決済、自動メール配信機能、リマインドメール機能、予約受付プッシュ通知 など
Businessプラン0円3,980円メールの文言変更、オプションメニュー機能、予約ブロック機能、顧客管理機能、顧客・予約データのCSV出力 など
Shopプラン0円19,800円複数スタッフ管理機能、スタッフ指名機能、売上管理 など
Companyプラン0円要問合せ複数店舗一括管理、スタッフ権限管理、Googleアナリティクス連携 など

→tolの料金表・機能の詳細はこちら

3.coming-soon(カミングスーン)

画像引用元:coming-soon公式サイト

coming-soon(カミングスーン)は、サロン業界で唯一、特許で認められたアルコリズムを利用している美容室向けサロン向け予約システムです。顧客ごとの来店頻度を学習し、自動でメッセージを送るカミングメール(オートプッシュ機能)と自社の営業スタイルに合った予約スタイルを実現する予約台帳で、売上アップに貢献します。

【対応業種】
・サロン

【有料プランで使える便利な機能】

・アプリ/メール一斉送信
・Webアンケート作成/集計機能
・Googleアナリティクス連携 など

【料金プラン】(税抜)

プラン名初期費用  月額利用料   主な機能
ライトプラン30,000円12,000円次回来店予測計算、LINE予約、電子カルテ機能 など
スタンダードプラン30,000円20,000円Googleアナリティクス連携、Webアンケート作成・集計機能、誕生日メール送信機能 など

→coming-soonの料金表・機能の詳細はこちら

【導入事例】

coming-soonが優れているなと思うのはここです。

予約システムは、同時に裏では顧客データベース化され、一人ひとりのお客様への営業履歴として蓄積できる。それを見れば、どんな商材を提案してどんな施術をしたかなどがすぐにわかります。さらにそれをcoming-soon POSから見れば、サロン全体の売上はもちろん、売れ筋の商材を分析することもできます。

また、ネイリスト別の売上や稼働状況もわかる。それはすなわち“フェアな人事考課”を行うための客観的な指標にもなります。

Nail Quick(株式会社ノンストレス)

予約を15分単位と細かく設定できる点も気に入りました。レジやPOS機能をなかでも感心した機能はカミングメールです。お客様が来店された日、曜日などから次回の来店時期を予測し、自動でメールを送信できる。ホントかなぁ…と半信半疑でしたが、送ってみたら予約が入るんです。送る文面を季節の気分に合わせてアレンジしたら、反応も変わります。お客様から、『アレを見て、ぼちぼち行かなきゃ、って予約したんですよ』とありがたがられたりもして!

BAARD

4.Square(スクエア)予約

画像引用元:Square予約公式サイト

Square(スクエア)予約は、予約・顧客管理、POSレジ機能をはじめとする機能が搭載された予約システムです。クレジットカード・交通系ICカード・QRコード決済まで多様な決済方法に対応しているのが特徴です。

【対応業種】

画像引用元:Square予約公式サイト

・ヘアサロン
・理髪店
・美容/ネイルサロン
・パーソナルトレーニング
・マッサージ/ボディケア
・専門サービス
・住宅修理/清掃
・家庭教師/音楽教室

【有料プランで使える便利な機能】

・リソース管理
・スタッフ管理
・カスタムのアクセス権限 など

【料金プラン】

プラン名   初期費用   月額利用料    決済手数料    主な機能
フリープラン0円0円3.25%モバイルアプリ、自動リマインダー、繰り返し予約、Instagram連携、勤怠管理、オンライン決済 など
プラスプラン0円3,000円3.75%複数店舗、対応時間の設定、Googleカレンダーとの同期、メールとSMSによる自動予約確認 など
プレミアムプラン0円8,000円3.95%リソース管理、アクセス権限のカスタム など

→Square予約の料金表・機能の詳細はこちら

5.MOSH(モッシュ)

画像引用元:MOSH公式サイト

MOSH(モッシュ)は、サブスク機能やSNS連携機能、オンラインサービスに特化したシステムです。公式LINEのチャットボットでサポート対応しているため、24時間365日いつでも気軽に相談をすることが可能です。

【対応業種】

画像引用元:MOSH公式サイト

・ヨガ/フィットネス
・鍼灸師
・美容師/スタイリスト
・音楽家
・ダンサー
・語学教師/コンサルタント

【便利な機能】

・月額サブスク
・回数券
・オンライン決済
・クーポン
・Zoom連携
・感想レポート など

【料金プラン】

初期費用0円
月額利用料0円
決済手数料予約売上の8%
※2022年11月現在3.6%に引き下げ中

→MOSHの機能の詳細はこちら

まとめ

今回は、予約システムの選定ポイント・おすすめツール5選を紹介しました。予約システムには、特定の業界専門型のシステムと、あらゆる業種に対応できる汎用性の高いシステムがあります。どんな予約形式が自社に向いているか、どんな機能が欲しいかを明確にしておくと、予約システム探しがスムーズに進むでしょう。

予約システムの導入を検討している人は以下の記事も参考にしてみてください。