【2023年版】エステサロンの無料予約システム5選|機能と選定ポイントを解説!

【2023年版】エステサロンの無料予約システム5選|機能と選定ポイントを解説!

エステサロンの中には、依然として予約受付をメールや電話で対応している店舗も存在します。しかし、人の手で予約管理をすると、手間や費用も掛かります。店舗に掛かる負担を軽減し、エステサロンの運営を円滑にするには、これまでの予約業務を見直して、効率化する必要があります。そこで役に立つのが、予約システムの導入です。

今回は予約システムを導入するメリットや比較ポイントをまとめました。以下の項目に沿って、エステサロンにおすすめの予約システムを5つ紹介します。

エステサロンが予約システムを導入すべき理由

昨今のエステサロン運営において、予約システムはなくてはならないものとなっています。

株式会社リクルート・ホットペッパービューティーアカデミーの「サロン利用実態調査」内、「過去1年のサロン予約方法」によると、過去一年の間にサロンを利用した女性の内、64.3%の人がネット予約を利用しているという結果が出ています。

また、「初回来店時の重視ポイント」によれば、料金がリーズナブル(35.2%)、ネットの口コミが良い(33.0%)に続いて、ネット予約できる(31.3%)となっています。継続来店のポイントでも、ネット予約ができる(39.4%)が最重要視されています。

これらのことから、エステサロンが予約システムを導入しているかどうかが、顧客が店舗を選ぶ際の、重要な選定ポイントとなっていることが分かります。数多くあるエステサロンの中から選ばれる店舗になるためには、予約システムの導入が必要不可欠です。

エステサロンに予約システムを導入するメリット

1. 顧客獲得数の増加

エステサロンが予約システムを導入すると、顧客獲得数の増加が見込めます。

予約システムは自動受付のため、24時間365日予約可能なエステサロンを実現できます。メールや電話のみだと不可能だった予約が、営業時間外にも対応でき、顧客獲得の機会を逃しません。

また、予約システムは、効率的に空き枠を予約で埋めることが可能です。ネット予約では空き状況を一目で確認でき、電話などで確認する必要がありません。手間が掛からないため、顧客は気軽に予約できます。予約システムによっては、キャンセルで空いた枠に自動で誘導する、キャンセル待ち機能を搭載したものもあります。

予約システムの自動受付機能と予約利便性は、エステサロンにおける顧客獲得数の増加に結び付けられます。

2. 人為的ミスの防止

予約システムの導入は、人為的ミスの防止にもつながります。

エステサロンの運営では、どの従業員が、どの利用者に、いつサービスを提供するのかを管理しなければなりません。管理項目が多く複雑なため、他の業種に比べて、予約の漏れや重複といった人為的ミスが発生する可能性が高いです。

人為的ミスの発生は、店舗の信用の損失にも繋がるため、予約システムにより防止することが重要です。

3. 業務の効率化

エステサロンの業務の効率化には、予約システムの導入が不可欠です。

エステサロンは予約者の氏名、連絡先、メニュー、エステシャンの指名などを、顧客情報として保管する必要があります。膨大な顧客情報をExcelや台帳などで管理していた場合、情報を取り出すときに手間が掛かります。

一方で、予約システムは顧客情報を自動で蓄積でき、人の手で管理する必要はありません。予約から日数が経っていても、すばやく予約情報を取り出すことができます。

予約システムによる顧客情報の自動管理は、エステサロンの業務効率を大幅に改善します。

エステサロンの予約システム選定ポイント

1. 適した機能があるか

まず最初に、エステサロンに適した機能を搭載しているかを確認する必要があります。エステサロンの運営に当たって、以下5つの機能を持った予約システムを選択することがおすすめです。

エステサロンの運営に適した機能
・スタッフ指名機能
・リマインドメール機能
・外部サービス連携機能
・キャンセル待ち機能
・オプション機能

スタッフ指名機能は、エステシャンの指名が一般化しているエステサロン運営では必須の機能です。オプション機能は、エステサロンのサービス提供の幅を広げてくれます。

リマインドメール機能や外部サービス連携機能、キャンセル待ち機能は、ローカルビジネスであるエステサロンに重要なマーケティング機能です。これら5つの機能は、エステサロンを運営する上で、大いに役立ちます。

2. 導入事例や無料プランがあるか

予約システムはそれぞれに特徴があり、店舗に合ったものを正しく見極める必要があります。その際に役立つのが、導入事例や無料プランです。

予約システムの選択は、文章の説明のみだと、実際に活用した時の使用感が伝わりにくく、難しいです。必要な機能が揃っていても、操作性が悪かったり、デザインが店舗に合っていない場合があります。エステサロンの導入事例が豊富だと、実際に活用している店舗のリアルな声を聞くことができます。また、無料プランがあるとお試しで活用できます。

数ある予約システムの中から、自店舗に合った予約システムを正しく判別するために、導入事例や無料プランが豊富なものを選ぶのがおすすめです。

3. 費用は妥当か

店舗に適した予約システムを見極めても、費用が妥当でないと費用対効果が悪くなります。

予約システムは無料で利用できるものから、月々5万円以上かかるものまで、幅広い料金帯で存在しています。そのため、その中から自分の店舗にとって、費用対効果の良い予約システムを選ぶ必要があります。

料金プランが豊富な予約システムだと、店舗に合ったプランが存在する可能性が高くなります。

エステサロン向け無料予約システム5選

1. RESERVA(レゼルバ)

画像引用元:RESERVA公式サイト

RESERVA(レゼルバ)は、登録者26万社を超え、国内シェアトップクラスの実績を誇るクラウド型予約管理システムです。業界・業種問わずあらゆるビジネスに対応しており、350種類以上の業態で利用されています。

サイト作成まで最短3分という操作性のシンプルさが特徴で、無料プランを含めた6種類の料金プラン豊富な導入事例があります。個人事業主から大手企業、公共施設まで、あらゆる事業で利用されています。

スタッフ指名機能、リマインドメール機能、外部サービス連携機能、キャンセル待ち機能、オプション機能はもちろん、予約時アンケート機能や月額プラン機能などといった、エステサロンに役立つ機能が数多く備わっています。

日本語のほか、英語、中国語、韓国語、タイ語の予約受付に対応しており、PCやスマホ、タブレットなどのマルチデバイスでの利用もサポートしています。

エステサロン向け機能

・スタッフ指名機能
・リマインドメール機能
・外部サービス連携機能
・キャンセル待ち受付
・オプションメニュー機能
・担当者登録機能
・オンラインカード決済機能
・予約時アンケート機能
・月額プラン機能 
・多言語設定機能 など

→RESERVAの機能の詳細はこちら

【料金プラン・月額料金】(税込)

プラン名初期費用月額料金
フリープラン0円0円
ブループラン0円3,850円
シルバープラン0円6,600円
ゴールドプラン0円13,200円
エンタープライズプラン0円25,300円
スイートプラン0円55,000円
→RESERVAの料金表の詳細はこちら

導入事例

画像引用元:予約DX研究所 導入事例

→RESERVAの導入事例はこちら

エステサロンのサンプルサイト

→RESERVAのエステサロンサンプルサイトはこちら

2. STORES(ストアーズ)予約

画像引用元:STORES予約公式サイト

STORES(ストアーズ)予約は登録者15万社を超え、180種類以上の業態に対応したネット予約システムです。

無料プランを含めた5種類の料金プランがあり、有料プランは7日間試用することができます。Web初心者でも簡単に予約サイトを作成できるにもかかわらず、多機能で本格的な予約システムとして、さまざまな業態で利用されています。

【エステサロン向け機能】

・検索/予約サイト Coubic(クービック)に掲載
・SEO対策
・予約忘れないでねメール
・スタッフ指名予約
・スタッフ管理
・所要時間設定
・オプション予約
・アンケートのカスタマイズ など

→STORES予約の機能の詳細はこちら

【料金プラン・月額料金】(税込)

プラン名初期費用月額料金
フリープラン0円0円
スモールプラン0円12,980円
チームプラン0円22,880円
ビジネスプラン0円31,790円
エンタープライズ0円77,000円
→STORES予約の料金表の詳細はこちら

導入事例

画像引用元:STORES予約公式サイト 導入事例

→STORES予約の導入事例はこちら

3. Square(スクエア)予約

画像引用元:Square予約公式サイト

Square(スクエア)予約は、予約管理から決済まで可能な、予約サイト作成ツールです。美容室、エステサロンからパーソナルトレーニング、ヨガや語学教室まで、様々な業種で利用されています。

無料プランを含めた3種類の料金プランがあり、30日間無料トライアルで試用することができます。

【エステサロン向け機能】

・外部サービス連携機能
・顧客プロフィールとメモ機能
・タイムカードレポート機能
・複数店舗を対象とした在庫管理
・オンラインカード決済機能 など

→Square予約の機能の詳細はこちら

【料金プラン・月額料金】(税込)

プラン名初期費用月額料金
フリープラン0円0円
プラスプラン0円3000円
プレミアムプラン0円8000円
→Square予約の料金表の詳細はこちら

4. MOSH(モッシュ)

画像引用元:MOSH公式サイト

MOSH(モッシュ)は、スマホでホームページの作成、予約の受付や管理、オンライン決済ができるサービスです。クリエイター登録事業者数は6万人以上で、個人事業者向けに特化しています。

3ステップで月額レッスンを販売することができ、予約機能付きホームページは3分で作成することができます。

個人スキルの販売に特化した機能が搭載されており、サブスク機能や会員限定コンテンツ機能、クレジットカード決済などがあります。

【エステサロン向け機能】

・外部システム連携機能
・月額サブスク機能
・オンライン決済機能
・チャットサポート機能 など

→MOSHの機能の詳細はこちら

【料金プラン・月額料金】(税込)

初期費用月額料金
0円0円
→MOSHの料金表の詳細はこちら

※クレジットカードおよび銀行振込決済を利用時には、決済手数料3.5% + サービス利用料3.0%+99円が発生します

5. Bionly(ビオンリー)

画像引用元:Bionly公式サイト

Bionly(ビオンリー)は美容室、エステサロンに特化した顧客管理POSレジシステムです。予約管理にとどまらず、顧客管理から売上の修正、分析まで、エステサロンの運営を幅広くサポートしてくれます。

基本的な機能に加え、カスタマーサポートがしっかりしており、予約システムを扱うのが初めての人におすすめです。

【エステサロン向け機能】

・メール/プッシュ通信機能
・キャッシュレス決済機能
・売上集計/分析機能
・スタッフシフト管理機能
・ポイント機能 など

→Bionlyの機能の詳細はこちら

【料金プラン・月額料金】(税込)

初期費用月額料金
要問合せ要問合せ
→Bionlyの料金表の詳細はこちら

【導入事例】

→Bionlyの導入事例はこちら

まとめ

今回はエステサロンに特化した予約システムを5つ紹介しました。

エステサロンの運営において、予約システムはなくてはならないものとなっています。業務の効率化が図れるだけでなく、人的ミスの防止や、顧客獲得数の増加など、数多くのメリットがあります。

各予約システムにはそれぞれ特徴があるため、自身の店舗に合った予約システムを見極めることが大切です。まずは、導入事例を参考に、無料プランやお試し期間を試してみるのがおすすめです。