予約管理システムRESERVAとおさえるネット予約を徹底比較|導入前に絶対読むべき比較ポイント【2023年】

予約管理システムRESERVAとおさえるネット予約を徹底比較|導入前に絶対読むべき比較ポイント【2023年】

予約管理システムとは、オンライン上で予約受付・管理、顧客情報を取り扱えるサービスを指します。新型コロナワクチン接種の予約システムを開発した事業者も含めると、その数は50サービス以上にもなります。

今回はその中でも知名度の高い、業界最大級の導入実績をもつ「RESERVA(レゼルバ)」と、「おさえるネット」の2社を徹底比較しました。

どの予約システムを導入するか迷っている人に向けて、比較記事を展開し、両社の特徴、強みの点を明らかにしていきます。今回は総合型予約システムの調査分析より執筆します。

【関連記事】
【全75社】2023年最新版!予約システムの機能・費用をわかりやすく解説!|無料プランあり
予約管理システムRESERVAとSTORESを徹底比較|導入前に絶対読むべき比較ポイント【2023年】
予約管理システムRESERVAとAirRESERVEを徹底比較|導入前に絶対読むべき比較ポイント【2023年】
予約管理システムRESERVAとEDISONEを徹底比較|導入前に絶対読むべき比較ポイント【2023年】
予約管理システムRESERVAとSELECTTYPEを徹底比較|導入前に絶対読むべき比較ポイント【2023年】
予約管理システムRESERVAとformrunを徹底比較|導入前に絶対読むべき比較ポイント【2023年】

現在調査対象の予約システム一覧

ChoiceRESERVE(チョイスリザーブ)、AirRESERVE(リクルート)SELECT TYPE、formrun(フォームラン)、SuperSaas、STORES、Goope(グーペ)、eReserve、ResKa(レスカ)、EDISONE(エジソン)、STAR RESERVE(スターリザーブ)、Reservation Engine(リザベーション・エンジン)、Osaerunet(おさえるネット)、ヨヤクノート、TORETA(トレタ)、COPRO Q-PASS(コプロキューパス)、tol、ワンモアハンド、teket(テケト)、MOSH(モッシュ)、Square(スクエア)、Repitte(リピッテ)、Lステップ(エルステップ)

当社ではソフトウェアサービス/システムの比較調査を実施しています。

各社概要

RESERVA

画像引用元:RESERVA公式サイト

RESERVA(レゼルバ)は登録事業者数20万社国内最大級の導入実績を誇るSaaS型予約管理システムです。350種類以上の様々な業種・業界に対応するべく、予約システムを6つのタイプで提供(サービス指名あり/なし、スクール、イベント、施設、宿泊)、どの業種・業態にも適用できる総合型予約システムとして高い評価を得ています。利用者は個人事業主から上場企業・公的機関(官公庁含む)まで、世界80カ国でも予約サイトが活用されています。

豊富な機能を取り揃えており、一部有料機能はありますが、必要最低限の機能は無料で利用が可能です。アカウント作成から予約システム作成完了まで最短3分で立ち上げられ、即日で予約受付ができます。シンプルなデザイン性で、予約受付をする事業者も、予約する顧客にも使いやすいシステムとなっています。

おさえるネット

画像引用元:おさえるネット

おさえるネットは様々な施設やお店で利用できるオンライン予約受付システムASPです。

凡庸性が高く、飲食店・クリニック・スクール・教室など多業種に利用できるクラウドタイプのオンライン予約受付管理システムASP/SaaSdです。管理用ページよりかんたんな操作で予約内容を設定し、数十分でパソコン・携帯・スマホ対応の予約用ページを作成できます。

料金比較

RESERVAおさえるネット
初期費用0円10,500円
(オプションをつける場合、さらに10,000円)
月額費用0円~3,780円
(年払いで3,150円)
プラン料金(月額)フリープラン:0円
ブループラン:3,850円
シルバープラン:6,600円
ゴールドプラン:13,200円
エンタープライズプラン:25,300円
スイートプラン:55,000円
(コロナワクチン接種専用プランあり)
プラン30:3,780円(年払いで月額3,150円)
オプション機能:0円
決済手数料4.9%振込手数料は利用者負担
月間予約件数・フリープラン:100件
・ブループラン:200件
・シルバープラン:500件
・ゴールドプラン:1,000件
・エンタープライズプラン:2,000件
・スイートプラン:4,000件
要問合せ
最低契約期間1カ月1カ月
お試し利用
(シルバープランからスイートプランまで対応)
〇(30日間)
対応業種数350種以上要問合せ
公式サイトホームページRESERVAおさえるネット

おさえるネットでは無料お試し期間が30日間設けられていますが、それ以降の継続は初期費用と月額費用が必要になります。しかし、RESERVAでは無料で使えるフリープランから複数のプランが設けられているため、個人事業主から大手企業、官公庁まで自社の規模にあったプランを選択することができます。

無料で使える機能比較

RESERVA

  • 予約管理・オプション機能
  • 顧客データ分析
  • アンケート
  • メルマガ配信
  • クーポン発行
  • 不正ログインロック

RESERVAには基本的な予約業務に関する機能だけではなく、集客を促進する多様で豊富な機能が無料で使用できます。例えば、顧客データ分析を行うことで次の改善点につながります。また、クーポンを発行することでリピート客向上にもつながります。

おさえるネット

おさえるネットでは無料プランがないため、無料で使える機能はありません。ただし、お試し無料期間は30日間あります。 

有料で使える機能

RESERVA

  • 団体予約(シルバープラン以上:6,600円/月)
  • 予約リマインドメール(ゴールドプラン以上:13,200円/月)
  • キャンセル待ち(ゴールドプラン以上:13,200円/月)
  • Zoom連携(ゴールドプラン以上:13,200円/月)

RESERVAでは最低予約人数と最大予約人数を設定できる団体予約設定機能があります。想定以上の大人数の予約を防ぐだけではなく、最低人数の制限を設けた運営が可能です。また、Zoomと連携できるため、オンライン予約メニューの作成・管理が可能で、新たな顧客獲得にもつながります。オンライン予約が完了すると、オンラインミーティングが自動で作成され、URLとパスワードが予約者へメールで自動に送信されます。すべて自動なため、煩わしい作業がないことが特徴です。

おさえるネット

  • 予約システムの設定
  • 画像アップロード
  • 管理者による予約追加
  • 各業種向け予約システム

おさえるネットでは予約受付・予約キャンセル・予約可能数設定など基本的な予約業務ができます。「サロン・美容室」「貸しスタジオ」「宿泊施設」「貸し会議室」の各業種向け予約システムでは、専用ページが用意されています。

設定画面の比較

予約サイトを自社に導入する上で最も重要なのは使いやすさです。どれだけ低価格でデザインが優れていても、誰でもかんたんに操作ができないと、予約サイトの作成に時間がかかり、その後の運用も続けることができません。

導入後も活用し続けるには、操作性を確認することが大切です。本記事では画像とともに導入の流れを解説します。

RESERVA

①アカウント登録

新規登録画面より、メールアドレスとパスワードを設定し、

画像引用元:RESERVA新規登録画面

メールアドレスに届いたURLよりRESERVAビジネスID登録を行います。

画像引用元:RESERVA新規登録画面

②タイプ選択

登録が完了すると、作成する予約サイトのタイプ選択に移ります。RESERVAでは、無料で6つのタイプから選択することができ、事業にあった予約サイトを作成できます。

画像引用元:RESERVA新規登録画面

③メニュー登録

ステップに沿って、情報を入力していきます。初期設定はたったの4ステップ最短3分で完了します。基本設定後はすぐに運用が可能です。

管理者画面

管理者画面のトップページでは、当日の予約状況やお問い合わせ数、当月の集客状況などを一目で確認可能です。

予約サイト

RESERVAで作成した予約サイトはこちらです。

6つの予約タイプで作成されたサンプルサイトは以下より確認できます。

サービス提供タイプ(スタッフ指名なし)「歯科クリニックサンプルサイト」
サービス提供タイプ(スタッフ指名あり)「ネイルサロンサンプルサイト」
スクール・アクティビティタイプ「ヨガ教室サンプルサイト」
イベント・セミナータイプ「セミナー予約サンプルサイト」
施設予約タイプ「貸し会議室サンプルサイト」
宿泊施設タイプ「民泊サンプルサイト」

おさえるネット予約

①アカウント登録

お申し込みページより下記の情報を入力し、アカウントを作成します。

画像引用元:おさえるネット

②メニュー登録

アカウント作成後、メールでURLが送信され予約対象管理画面から、予約対象を追加していきます。

画像引用元:おさえるネット

RESERVAとは異なり、様々なページに飛ばず、2つのページだけで申し込みが終了します。 しかし、RESERVAと比べると、予約の詳細を設定できません。

美容室・サロン向けの予約機能

両サービスとも、サロン・美容室向けの予約機能が充実しています。利用可能機能や対応しているサロン・美容室の種類にはどのような違いがあるのでしょうか。ここでは、両サービスの中でサロン・美容室運営に特化した機能を絞って紹介します。

RESERVA

画像引用元:RESERVA公式サイト

サロン経営者がRESERVAで予約システムを作成する際には、サービス提供タイプ(スタッフ指名あり)を選択します。これによりサロン経営に特化した機能が利用できるようになります。

サービス提供タイプ(スタッフ指名あり)で利用可能な機能

・スタッフ指名予約
・キャンセル待ち機能
・予約データ・顧客データ分析機能
・オプションメニューの設定
・独自会員機能

予約タイプごとで利用できる機能の詳細はこちら

対応可能な業種種類
・美容室
・ネイルサロン
・エステサロン
・メンズ眉毛サロン
・メンズ脱毛
・メンズスキンケア
・ホワイトニングサロン
・美容矯正 など

RESERVAのサービス提供タイプ(スタッフ指名あり)の事例紹介はこちら

RESERVAのサービス提供タイプ(スタッフ指名あり)には、店舗独自の会員を登録できる独自会員機能があります。この機能では独自会員のみが閲覧できるメニューやサイトの作成が可能です。独自会員機能を有効的に用いれば、リピート客の獲得や顧客との結び付きの強化が実現します。

ビューティーキープ(おさえるネット)

ビューティーキープは、おさえるネットで設けられている美容室やヘアサロン、ネイルサロン・エステサロンなどのサロン向けASP型予約受付管理システムです。

ビューティーキープので利用可能な機能

  • 24時間365日予約可能
  • 空き状況確認し予約可能

お店の営業時間外でも予約者の都合の良いときにパソコンや携帯から予約可能であり、電話予約に対応するスタッフの時間を節約できます。

事業者のニーズ

各サービスの特徴や機能が異なるため、どちらが適しているか判断が難しいこともあります。ここでは、上記で比較したことを踏まえて、各サービスがどのような事業者に適しているかを解説します。

RESERVA

RESERVAは、年間2000万人以上が利用している予約システムです。350業種の多種多様な企業や事業者に適している予約システムであることに加え、マニュアルが豊富でPCの操作が苦手な人でもかんたんに導入できるため、下記に当てはまる事業者に向いています。

・すぐに予約システムを導入したい
・最初は無料で利用したい
・顧客管理をシステム化して業務時間を削減したい
・顧客に応じた細やかなサービスを提供したい
・新規顧客の獲得で売り上げUPを狙いたい
・導入実績が豊富な予約システムを利用したい
・自社らしさをアピールできるサイトを作成したい など

おさえるネット

おさえるネットでは予約サイト作成に関する知識がない人でも、かんたんにホームページを作ることが可能です。1枚のページで基礎的な予約設定が完了するため、すばやく作成することも可能です。

導入事例

インターネット上にある様々な口コミ、評判、評価などは比較参考になっても、最終的な決断、判断材料になりにくいと感じる人も多くいます。そんな時は、自身のビジネスに類似する事業者の声を参考にすると良いでしょう。

RESERVA

導入後30日以内には効果を感じることができました。お客様からの時間変更なども臨機応変に対応出来る様になり、リピート客が増えて売り上げがアップしました。店舗経営のなかで予約変更、キャンセル、当日予約などが日々の業務にある店舗、当店のようなサロン系店舗の皆さんにおすすめしたいです。

RESERVA活用事例/天満ネイルサロン真奈【ネイルサロン予約】

以前は他社の予約システムを利用していましたが、メニューを刷新した際にその予約システムでは対応が難しい部分があったことがきっかけです。サービスぬ合わないシステムを無理に使い続けても、お客様にとって不便では意味がありません。

予約システムは、予約いただいくお客様にとって使いやすいものであるべきなので、システム自体を見直すことにしました。そこで、いくつかの予約システムで比較検討した結果、実現したいと費用面で最適だと判断したのがRESERVAでした。

RESERVA活用事例/カウラナ・ハワイアンロミロミ【リラクゼーションサロン】

活用事例集の記事からは、利用者の多くが「リピート客が増加して売り上げがアップした」と述べています。無料プランでも機能が充実していることと、機能が豊富でデザイン性にも優れているという点で選ばれていることがわかりました。

おさえるネット

公式で、顧客の声は掲載されていませんでした。

システム開発力

予約システムを運営する企業の開発運営の能力はサービス利用者の利便性にも関わります。リニューアルリリース、社会的ニーズに合わせた新機能追加など動向を見ることも大切になります。

例えば、2021年からワクチン接種予約がトレンドワードとなり、予約システム各社の対応に注目が集まりました。RESERVA予約システムは、システム開発、リリースに乗り出し、全国の自治体、医療機関で導入されました。

RESERVA

・4回目接種にも対応
・320の市町村、医療機関、大学、企業で導入実績あり

RESERVA公式サイト「コロナワクチン予約システム」特設ページ
RESERVA公式サイト「職域接種、大学拠点接種に対応した予約システム」特設ページ

おさえるネット

おさえるネットでは、ワクチン受付には利用できませんでした。

予約システムの導入のメリット

予約システム導入のメリットといえば、電話予約受付、紙台帳運用が解消され業務効率化が期待できる点です。この他にも下記のような利点が挙げられます。

・24時間365日、自動予約受付が可能
・無料であらゆる機能が使えるのでコスト削減できる
・自社独自の予約サイトとして運用可能
・金銭授受を解消するキャッシュレス、無人化運用で感染予防対策

画像引用元:RESERVA Digital記事

予約システム選定のポイント

総合型か専門型か

予約システムには、ホットペッパー、トレタなどの業界専門型の予約システムと、あらゆる業種に対応できる汎用性の高い予約システムがあります。選定の際にはここの違いを理解しましょう。今回紹介したRESERVA予約システムとおさえるネットは、両サービスともに総合型の予約システムで、クリニック・スクール・イベント・施設など様々な業種に対応しています。

診療予約システムを導入する際に押さえるべきポイント|病院やクリニックで使える無料予約システムを比較
ヨガスタジオ・ヨガ教室開業、運営時に便利な予約システムとは?|導入メリットとおすすめ予約システム5選
イベント運営に予約システムを活用して業務を効率化|利用方法も解説

無料版があるのか

高い料金を払ったのに自社のスタイルに合わなかった・操作が複雑で段々と使わなくなってしまったといったことにならないよう、まずは無料版、体験版で使用感を確認してから本格的な導入に移ると良いです。写真や画像の掲載枚数に制限があるのか、画像を入れるとどこに表示されるのかなど、実際に使用して確認してみてください。

【全75社】2023年最新版!予約システムの機能・費用をわかりやすく解説!|無料プランあり

機能の豊富さ

実際に予約システムを使用していると、使用前には見えてこなかった要望が次々と出てきます。初めのうちはシステム理解に精一杯ですが、慣れてくると物足りなさを感じるかもしれません。初期の段階で機能数、機能性の部分が豊富にあるシステムを選ぶことはその後継続して利用するうえでは重要です。

【無料あり】整体院・サロン・美容室向け予約システム18選|料金・機能比較

運営事業会社の信用度

予約システムを長く使い続けたいと思っていても、開発運営をする会社が廃止された場合、サービスは停止されてしまいます。新型コロナワクチン接種を機に多く誕生した予約システムですが、サービス終了、企業買収などがあった際には大きくサービスが変わったり、価格が跳ね上がったりすることがあるかもしれません。情報漏洩など過去に事故がないか、顧客データを扱う上で、安全性は保たれているか、こうした点はしっかり見ておくべきでしょう。

最後に

以上、RESERVAとおさえるネットの比較記事でした。欲しい機能や利便性に応じて予約システムを選ぶと、業務の効率化や集客率アップの効果を感じやすいでしょう。予約システムの導入を検討している人は以下の記事も参考にしてみてください。