予約管理システムRESERVAとSELECTTYPEを徹底比較|導入前に絶対読むべき比較ポイント【2022年】

予約管理システムRESERVAとSELECTTYPEを徹底比較|導入前に絶対読むべき比較ポイント【2022年】

予約管理システムとは、オンライン上で予約受付・管理、顧客情報を取り扱えるサービスのことを指します。新型コロナワクチン接種の予約システムを開発した事業者も含めると、その数は50サービス以上にもなります。

今回はその中でも、業界最大級の導入実績「RESERVA」(レゼルバ)とデザイン性に富んだ予約システムを提供している「SELECTTYPE」(セレクトタイプ)とを徹底比較します。

当メディアではシステムサービスの比較記事を展開し、各社の特徴、強みの点を明らかにしていきます。今回は総合型予約システムの調査分析より執筆します。

【参考記事】
【全51社】2022年最新版!予約システムの機能・費用をわかりやすく解説!|無料プランあり
予約管理システムRESERVAとSTORESを徹底比較|導入前に絶対読むべき比較ポイント【2022年】
予約管理システムRESERVAとAirRESERVEを徹底比較|導入前に絶対読むべき比較ポイント【2022年】
予約管理システムRESERVAとformrunを徹底比較|導入前に絶対読むべき比較ポイント【2022年】

現在調査対象の予約システム一覧

ChoiceRESERVE(チョイスリザーブ)、AirRESERVE(リクルート)SELECT TYPE、formrun(フォームラン)、SuperSaas、STORES、Goope(グーペ)、eReserve、ResKa(レスカ)、EDISONE(エジソン)、STAR RESERVE(スターリザーブ)、Reservation Engine(リザベーション・エンジン)、Osaerunet(おさえるネット)、ヨヤクノート、TORETA(トレタ)、COPRO Q-PASS(コプロキューパス)、tol、ワンモアハンド

当社ではソフトウェアサービス/システムの比較調査を実施中。

各社概要

RESERVA(レゼルバ)

RESERVA(レゼルバ)は登録事業者数20万社国内最大級の導入実績を誇るSaaS型予約管理システムです。350種類以上の様々な業種・業界に対応するべく、予約システムを6つのタイプで提供(サービス(スタッフ指名あり/なし)、スクール、イベント、施設、宿泊)、どの業種・業態にも対応できる総合型予約システムとして高い評価を得ています。利用者は個人事業主から上場企業・公的機関(官公庁含む)まで、世界80カ国でも予約サイトが活用されています。

豊富な機能を取り揃えており、一部有料機能はありますが、多くを無料で利用が可能です。アカウント作成から予約システム作成完了まで最短3分で立ち上げられ、即日で予約受付ができます。シンプルなデザイン性なので、予約受付をする事業者にも、予約する顧客にとっても使いやすいシステムとなっています。

SELECTTYPE(セレクトタイプ)

画像引用元:SELECTTYPE公式サイト

SELECTTYPE(セレクトタイプ)は、多種多様な170以上のテンプレートからデザイン性に富んだ予約フォームなどを作成できるサービスです予約フォーム以外にも、ホームページやイベント告知、メールフォームやアンケートフォームの作成も可能です。業種・業態に合わせてテンプレートが用意されており、マニュアルも充実しています。

料金比較

RESERVASELECTTYPE
初期費用0円0円
月額費用0円~0円~
プラン料金(月額)・フリープラン:0円
・ブループラン:3,850円
・シルバープラン:6,600円
・ゴールドプラン:13,200円
・エンタープライズプラン:25,300円
・スイートプラン:55,000円
(・コロナワクチン接種専用プランあり)
・フリープラン:0円
・ベーシックプラン:1,650円
・プロフェッショナルプラン:3,300円
・プレミアムプラン:11,000円
(・予約システム以外の機能も使えるパッケージプランあり)
事前決済手数料4.9%・フリープラン:5.6%
・ベーシックプラン:4.9%
・プロフェッショナルプラン:4.6%
・プレミアムプラン:4.6%
登録顧客件数・フリープラン:500件
・ブループラン:1000件
・シルバープラン:2500件
・ゴールドプラン:5000件
・エンタープライズプラン:1万件
・スイートプラン:2万件
・フリープラン:100件
・ベーシックプラン:300件
・プロフェッショナルプラン:1万件
・プレミアムプラン:5万件
最低契約期間1カ月1カ月
お試し利用
(シルバープランからスイートプランまで対応)
記載なし
対応業種数350種以上170種以上
料金プランページRESERVASELECTTYPE

どちらの予約システムも無料のプランが用意されているため、使いやすさを確認してから導入することが可能です。RESERVAは有料プラン契約前に機能を試すことができるお試し利用も提供しているため、お金を払った後に自分が求めている機能がなかったといった問題が生じにくいです。また、複数の料金プランが設けられており、対応業種も多いことから、個人事業主から大手企業、官公庁まで自社の規模にあったプランを選択することができます。

無料で使える機能比較

RESERVASELECTTYPE
選択可能予約タイプ・サービス提供タイプ(スタッフ指名なし)
・サービス提供タイプ(スタッフ指名あり)
・スクール・アクティビティタイプ
・イベント・セミナータイプ
・施設予約タイプ
・宿泊施設予約タイプ
・営業時間タイプ
・スタッフ指名タイプ
・教室/イベントタイプ
・宿泊施設タイプ
予約管理
予約情報CSV出力
予約・キャンセル締切設定〇(1~7日の間で選択)
予約サイトの閲覧制限
顧客管理
重複顧客データの統合記載なし
顧客情報CSV一括登録
顧客データ分析
SEO対策
自動メール配信
事前決済4.9% 5.6%
月謝
アンケート×
カルテ×
予約カレンダーの外部埋め込み
Googleアナリティクス連携
仮予約受付
安全な情報通信(SSL)
スタッフ毎の権限管理
Googleカレンダー連携ベーシックプラン以上
ファイルアップロード×

RESERVAは予約タイプが6つと豊富に揃っているため、希望の運用方法にあった予約サイトを作成可能です。また、予約受付・管理、顧客管理、メールでのフォローなど、基本的な予約業務はフリープランから利用できます。

SELECTTYPEでは、フリープランの場合予約受付期間・イベント作成可能範囲は7日と非常に短いため、余裕を持って運用を行うためには有料プランの契約が必要です。

有料プランで使える機能の比較

両社の予約システムには、予約管理業務だけでなく、業務効率の改善や集客力を向上する機能が搭載されています。導入前に、どのプランに利用したい機能が含まれているか確認し、実現性と費用面で両社の機能を比較することが重要です。

RESERVASELECTTYPE
メルマガ配信・シルバープラン(6,600円/月):2000件/月
・ゴールドプラン(13,200円/月):4000件/月
・エンタープライズプラン(25,300円/月):8000件/月
・スイートプラン( 55,000円/月):16万件/月
(・配信枠の購入も可能)
・ベーシックプラン(1,650円/月):500件/月
・プロフェッショナルプラン(3,300円/月):2000件/月
・プレミアムプラン(11,000円/月):1万件/月
多言語対応ゴールドプラン(13,200円/月)以上:2言語
エンタープライズプラン(25,300円/月)以上:5言語
・プレミアムプラン(11,000円/月):5言語
Zoom連携ゴールドプラン(13,200円/月)以上×
複数料金設定エンタープライズプラン(25,300円/月)以上×
固定文言編集外国語はゴールドプラン(13,200円/月)以上
日本語はエンタープライズプラン(25,300円/月)以上
外国語のみ
カテゴリ設定ゴールドプラン(13,200円/月)以上×
セルフチェックインエンタープライズプラン(25,300円/月)以上×
レビュー収集ゴールドプラン(13,200円/月)以上×
スマートロック連携エンタープライズプラン(25,300円/月)以上×

設定画面の比較

予約サイトを自社に導入する上で最も重要なのは使いやすさです。どれだけ低価格でデザインが優れていても、誰でもかんたんに操作ができないと、予約サイトの作成に時間がかかり、その後の運用も続けることができません。

導入後も活用し続けるには、操作性を確認することが大切です。本記事では画像とともに導入の流れを解説します。

RESERVA

①アカウント登録

新規登録画面より、メールアドレスとパスワードを設定し、

画像引用元:RESERVA新規登録画面

メールアドレスに届いたURLよりRESERVAビジネスID登録を行います。

画像引用元:RESERVAビジネスID登録画面

②タイプ選択

登録が完了すると、作成する予約サイトのタイプ選択に移ります。RESERVAでは、無料で6つのタイプから選択することができ、事業にあった予約サイトを作成できます。

③メニュー登録

ステップに沿って、情報を入力していきます。初期設定はたったの4ステップ最短3分で完了します。基本設定後はすぐに運用が可能です。

〇管理者画面

管理画面のトップページでは、当日の予約状況やお問い合わせ数、当月の集客状況などを一目で確認可能です。

〇予約サイト

RESERVAで作成した予約サイトがこちらです。

6つの予約タイプで作成されたサンプルサイトは以下より確認できます。

SELECTTYPE

①アカウント登録

無料で始めるより、メールアドレスと設定するパスワードを入力し、アカウントを作成します。

②業種選択

登録後、作成する予約フォームの業種を選択することで、業種に応じたサンプルデータが設定されます。

③メニュー登録

基本情報のや予約タイプの選択後、メニュー登録をはじめとする各項目の設定に移ります。

画像引用元:SELECTTYPEシステム内

画像引用元:SELECTTYPEシステム内

〇管理者画面

管理画面では、今月の予約件数や問い合わせ数、顧客数などを折れ線グラフで確認することができます。

画像引用元:SELECTTYPEシステム内

〇予約サイト

SELECTTYPEで作成した予約サイトがこちらです。テンプレートよりデザインを選んだり、文字の色や背景画像を好きなものに変更できるため自由度が高いです。しかし、管理画面内は設定ボタンが多く、どこで何を設定できるか把握するまでは運用に手間がかかる可能性があります。

画像引用元:SELECTTYPEシステム内

サンプルサイト比較

サービスを比較していく上で、自身の業種・業態に合った予約システムが作成できるのかを確認しておく必要があります。業種によって求められる機能に違いがあるので、自社の業種と類似する導入事例があるかなどを調べることをおすすめします。今回は、いくつかの予約システムサンプルを紹介します。

RESERVA

クリニックサンプルサイト(サービス提供タイプ(スタッフ指名なし)で作成)

ホテルサンプルサイト(宿泊施設予約タイプで作成)

サッカーコートサンプルサイト(施設予約タイプで作成)

RESERVAが作成しているサンプルサイトは、予約者情報入力画面まで進むことのできる完成形に近いサイトです。実際にサンプルサイトを使用してみることによって、導入する以前に予約システムの完成イメージを持つことができるでしょう。上記以外にもサンプルサイトは作成されています。

SELECTTYPE

料理教室予約サンプルサイト

画像引用元:スクール・教室向け予約システム「料理教室」

会議室予約サンプルサイト

画像引用元: 貸会議室・レンタルスペース向け予約システム「貸し会議室」

SELECTTYPEが作成しているサンプルサイトは、公式ホームページの活用事例から確認することができます。

セキュリティ体制の比較

予約システムでは、顧客の氏名やメールアドレス、電話番号をはじめとする多くの個人情報を扱うため、高いセキュリティが求められます。もし、顧客の個人情報が流出するといったことがあると、利用者に不安な思いをさせたり自社の信頼を失うことに繋がりかねません。予約システムを選ぶ際には、安全性にも注意しましょう。

RESERVA

・情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の認証の取得
ISMSクラウドセキュリティ認証の取得
・大手企業・官公庁にも採用されている世界的に信頼性の高い国内データセンターの利用
・プライバシーマークの取得
・SSL対応
・不正なアクセス、攻撃を即時ブロック
・定期的な脆弱性診断
・遠隔地でのバックアップを取得
・個人情報保護法、および監督官庁のガイドラインを遵守した個人情報保護対策
・カード情報の非保持化
・カード情報の非通過化への対応
・情報セキュリティ教育の実施
・ルールの徹底と堅牢な運用
・内部不正対策
・IPアドレス制限

SELECTTYPE

・不正アクセスや脆弱性の対策
・個人情報管理責任者の設置
・メンバーの教育
・アクセス制御
・IPアドレス制限
・Google reCAPTCHA設置

利用者の声

サービスを比較する際には、口コミ、評判、評価などを参考することが重要です。しかし、予約システムの利用方法や、企業業態によっても意見が異なる場合があります。自身の運営しているサービスや企業業態が同じような、利用方法が参考になる口コミを参考にすると良いでしょう。

RESERVA

(抜粋コメント)

予約業務をシステム化することで、メニューや担当者の管理をする面での人件費のコストカットができます。本来指導者はサッカーの指導をメインにしたいはずで、不得意な事務作業をストレスに感じることも多いです。当スクールでRESERVAを導入したことで、大好きなサッカーを教えることに集中できる環境になり、人材の育成に力を割けるようになったことが非常によかったです。指導者の満足度向上にも貢献していますね。

また、こちらが手間に感じている部分をミスなく対処してくれるシステムである点も魅力です。

スクール・アクティビティタイプ利用

RESERVA活用事例|すぽーつびとサッカーアカデミー【スクール・レッスン】

Googleカレンダーと同期ができること、時間帯によって料金が設定できること、予約サイトを自社サイトに埋め込めること、この3点をすべて満たしていたことが決め手となり、開店当初からRESERVA予約システムを導入することにしました。RESERVAは6つのプランがあるので自社にあったものを選びやすく、また予約システムを自社サイトに埋め込みたかったので、最初からエンタープライズプランを利用しています。

施設予約タイプ利用

RESERVA活用事例|シャノワールレンタルスタジオ【施設・レンタルスペース】インタビュー動画あり

当院ではRESERVA以外にも電話やメール等で予約を受け付けていますが、RESERVA予約システムを導入した結果、予約が30%以上増加しました。これは営業時間外でもかんたんに予約ができるRESERVAだからこそだと思います。こういった効果を導入後10日以内で得られたので、予約システムを導入して本当によかったです。予約者側も、コースの選択から予約確定までの手間が少なく、サクサク予約できるのもポイントですね。

サービス提供タイプ(スタッフ指名なし)利用

RESERVA活用事例|整体院 LAYBACK-レイバック-【整体院】

SELECTTYPE

現在、公式サイトで公開されている利用者の声はありません。

SNS・マニュアル情報発信

両システムとも、オウンドメディアでの情報配信や使い方マニュアルなど、予約システム導入後もタイムリーなリリース情報入手、不明点を調べたい際のマニュアルサイトなど充実していることがわかりました。

RESERVA

オウンドメディア:RESERVA Digital
マニュアル操作ガイド:操作マニュアル・ヘルプページ
Twitter:RESERVA(レゼルバ)|無料作成の予約システム
Instagram:reserva.be 
YouTube:【公式】RESERVA予約システム

SELECTTYPE

マニュアル操作ガイド:SELECTTYPEブログ
Twitter:SelectType開発チーム
YouTube:SUPPORT SELECT

システム開発力

予約システムを運営する企業の開発運営の能力は、サービス利用者の利便性にも関わります。リニューアルリリース、社会的ニーズに合わせた新機能追加など動向を見ることも大切になります。

例えば、2021年からワクチン接種予約がトレンドワードとなり、予約システム各社の対応に注目が集まりました。RESERVAはシステム開発、リリースに乗り出し、全国の自治体、医療機関で導入されました。

RESERVA

画像引用元:RESERVA公式サイト

最近では、現金を使用しないキャッシュレス決済の人気が高まっています。予約システムの自動化に伴い、多くの予約システムでは事前決済機能が導入されています。RESERVA予約システムでも予約サイトにVISA/Master/JCB/AMEX/ Dinersのカード決済を導入すれば事前決済が可能になります。

SELECTTYPE

画像引用元:SELECTTYPE公式サイト

SELECTTYPEは豊富なテンプレートを用いて自社の雰囲気に合ったホームページを作成できるのが特徴です。

実際に使用してみた所感

RESERVA

RESERVAメリット
・シンプルな操作性で3分で設定ができる。
・350以上の多種多様な業種に対応
・SEOに強い予約システムである
・事前決済システムでキャンセルを防ぐ
・システム作成手順が動画でまとめられていて分かりやすい
・予約受付→決済→顧客管理→集客まで全て自動化される

RESERVAは、だれでもかんたんに即日予約サイトを作成できます。350業種に対応しているので、導入事例などを見て自社のサービスと同じ業種の事例も確認できます。また、無料で使用可能な機能が多いので使いやすさや、対応機能などを確認する上でもシステムを作成してみると良いでしょう。美容室、施設運営、ホテルなど予約サイトを自動化・省人化したいさまざまな業種におすすめできます。

SELECTTYPE

SELECTTYPEメリット
・170種類以上のテンプレートが用意されている
・マニュアルが充実している
・数分で予約システムやホームページが作成できる

SELECTTYPEでは、業種・業態に合わせたテンプレートに加え、各テンプレートごとのマニュアルも充実しています。テンプレートのまま利用するなら、数分で予約サイトの作成ができます。ホームページと予約システムを両方作成したい人にはおすすめです。

予約システム導入のメリット

予約システム導入のメリットといえば、電話予約受付、紙台帳運用が解消され業務効率化が期待できます。この他にも、下記メリットが挙げられます。

・24時間365日、自動予約受付が可能
・無料であらゆる機能が使えるのでコスト削減できる
・自社独自の予約サイトとして運用可能
・金銭授受を解消するキャッシュレス、無人化運用で感染予防対策

画像引用元:RESERVADigital記事

予約システム選定のポイント

総合型か専門型か

予約システムには、ホットペッパー、トレタなどの業界専門型の予約システムと、あらゆる業種に対応できる汎用性の高い予約システムがあります。選定の際にはここの違いを理解しましょう。今回紹介したRESERVAとSELECTTYPEは、両サービスともに総合型の予約システムとなっています。病院、スクール、イベント、施設など様々な業種に対応しています。

診療予約システムを導入する際に押さえるべきポイント|病院やクリニックで使える無料予約システムを比較
ヨガスタジオ・ヨガ教室開業、運営時に便利な予約システムとは?|導入メリットとおすすめ予約システム5選
イベント運営に予約システムを活用して業務を効率化|利用方法も解説

無料版があるか

導入してみて使い勝手が分からないと、その後のオンライン予約運用は進みません。まずは無料版、体験版で使用感を見て(UI/UX)お気に入りのシステムを見つけましょう。写真や画像の掲載枚数に制限があるのか、画像を入れるとどこに表示されるのか、など実際に使用して確認してみてください。

【全51社】2022年最新版!予約システムの機能・費用をわかりやすく解説!|無料プランあり

機能の豊富さ

実際に予約システムを使用していると、使用前には見えてこなかった要望が次々と出てきます。初めのうちはシステム理解に精一杯ですが、慣れてくると物足りなさを感じるかもしれません。初期の段階で機能数、機能性の部分が豊富にあるシステムを選ぶことはその後継続して利用するうえでは重要です。

スマートロックと連携できる自治体施設の予約管理システム3選
外国人観光客を集客する英語予約システム3選|インバウンド対策を成功させるコツ

運営事業会社の信用度

予約システムを長く使い続けるためには、あたりまえですが、開発運営する会社が存続しない限りサービス停止などは考えられます。新型コロナワクチン接種を機に多く誕生した予約システムですが、サービス終了、企業買収などがあった際には大きくサービスが変わったり、価格が跳ね上がったりすることがあるかもしれません。 情報漏洩など過去に事故がないか、顧客データを扱ううえで、安全性は保たれているか、こうした点はしっかり見ておくべきでしょう。

最後に

以上、RESERVAとSELECTTYPEの比較記事でした。欲しい機能や利便性に応じて予約システムを選ぶと、業務の効率化や集客率アップの効果を感じやすいでしょう。予約システムの導入を検討している人は以下の記事も参考にしてみてください。