予約管理システムRESERVAとEDISONEを徹底比較|導入前に絶対読むべき比較ポイント【2022年】

予約管理システムRESERVAとEDISONEを徹底比較|導入前に絶対読むべき比較ポイント【2022年】

予約管理システムとは、オンライン上で予約受付・管理、顧客情報を取り扱えるサービスのことを指します。新型コロナワクチン接種の予約システムを開発した事業者も含めると、その数は50サービス以上あると考えられます。

今回はその中でも、業界最大級の導入実績「RESERVA」(レゼルバ)と株式会社ビヨンドが提供している「EDISONE」(エジソン)とを徹底比較します。

今回の調査により、「RESERVA」(レゼルバ)は予約システムの機能のほかに集客・マーケティングに関する機能が豊富、「EDISONE」(エジソン)は基本的な機能を中心にシステムが作成されていることが分かりました。

当メディアではシステムサービスの比較記事を展開し、各社の特徴、強みの点を明らかにしていきます。今回は総合型予約システムの調査分析より執筆します。

【参考記事】
予約管理システムRESERVAとSTORESを徹底比較|導入前に絶対読むべき比較ポイント【2022年】
予約管理システムRESERVAとAirRESERVEを徹底比較|導入前に絶対読むべき比較ポイント【2022年】
予約管理システムRESERVAとformrunを徹底比較|導入前に絶対読むべき比較ポイント【2022年】
【無料あり】予約システムの選び方とおすすめツール30選を紹介

現在調査対象の予約システム一覧

ChoiceRESERVE(チョイスリザーブ)、AirRESERVE(リクルート)SELECT TYPE、formrun(フォームラン)、SuperSaas、STORES、Goope(グーペ)、eReserve、ResKa(レスカ)、EDISONE(エジソン)、STAR RESERVE(スターリザーブ)、Reservation Engine(リザベーション・エンジン)、Osaerunet(おさえるネット)、ヨヤクノート、TORETA(トレタ)、COPRO Q-PASS(コプロキューパス)、tol、ワンモアハンド

当社ではソフトウェアサービス/システムの比較調査を実施しています。

各社概要

RESERVA予約システム

サービス提供:コントロールテクノロジー

RESERVA(レゼルバ)は登録事業者数200,000社と国内最大級の導入実績を誇るSaaS型予約管理システムです。350種類以上の様々な業種・業界に対応するべく、予約システムを6つのタイプで提供(サービス指名あり/なし、スクール、イベント、施設、宿泊)、どの業種・業態にも対応できる総合型予約システムとして高い評価を得ています。利用者は個人事業主から上場企業・公的機関(官公庁含む)まで、世界80カ国でも予約サイトが活用されています。

豊富な機能を取り揃えており、一部有料機能はありますが、多くを無料で利用が可能です。アカウント作成から予約システム作成完了まで最短3分で立ち上げられ、即日で予約受付ができます。シンプルなデザイン性なので、予約受付をする事業者にも、予約する顧客にとっても使いやすいシステムとなっています。

価格・月額料金は料金表ページ

EDISONE(エジソン)

サービス提供:株式会社ビヨンド

株式会社ビヨンドが提供するEDISONE(エジソン)は、9種類の予約タイプ(クリニック向け、サロン向け、飲食店向け、スクール向け、施設向け、イベント向け、レンタル向け、テイクアウト向け、宿泊向け)から選択できます。

直感的な操作で予約システムの作成、運用ができるためパソコンが苦手な人でもかんたんに導入することができます。あらゆる業種に対応する予約タイプから自社にぴったりの予約システムを作成できるサービスです。

価格・月額料金は料金表ページ

機能紹介(両社比較①)

予約システムを検討する際に確認するべきポイントは、搭載機能です。システムによって、搭載している機能の数などは異なります。例えば、レンタルスペースやヘアサロンの運営には、顧客からのアンケート機能があるとより良いサービスづくりに活用できます。このように、最大限にシステムを活用していくためにも事前に搭載機能は確認しておく必要があります。

RESERVA予約システム

画像引用元:RESERVA公式サイト

RESERVA(レゼルバ)機能
・クーポン発行機能
・顧客アンケート機能
・SEO対策機能
・メルマガ・DM配信機能
・キャンセル待ち機能    など

キャンセル待ち機能を有効に活用できる業種例
・美容室
・イベント開催者
・スクール運営者  など

RESERVA(レゼルバ)予約システムでは、メルマガ・DM配信機能、クーポン機能などが搭載されています。これらにより、リピーター増加の促進新規顧客の獲得につながります。また、顧客アンケート機能などにより、ユーザー目線からいただいた意見をもとに、サービスの改善などに努めることもできます。

RESERVA(レゼルバ)では、集客・マーケティング機能の多くを無料プランから利用できます

EDISONE(エジソン)

画像引用元:EDISONE公式サイト

EDISONE(エジソン)機能
・ホームページ作成機能
・オリジナル自動配信メール作成機能(有料)
・通知メールの編集(有料)
・スタッフ・シフト管理機能

EDISONE(エジソン)は、ホームページ作成機能、スタッフ・シフト管理機能がある点が特徴として挙げられます。スタッフ・シフト管理によってお店のバックオフィス業務全般のサポートが可能です。

EDISONE(エジソン)は、予約システムとして基本的な機能が多く、新規顧客やリピーターの獲得に向けるなど集客面に特化した機能はほとんどなく、予約システムの基本的な機能搭載に特化しています。

無料プランの内容(両社比較②)

多くの予約システムでは、無料プランやトライアルプランが設けられています。予約システムごとに使いやすさや機能に違いがあるほか、無料プラン導入で成果を得られる場合もあるので、導入前に無料プランなどで使用感を確かめることをおすすめします。ここでは両社の無料プランについて比較していきます。

RESERVA(レゼルバ)予約システム

画像引用元:RESERVA公式サイト

無料プランでの使用可能範囲
・月間予約件数    100件
・登録顧客件数    500件
・予約メニュー数   無制限
・予約管理者     無制限
・予約情報CSV出力
・クーポン発行機能
・メルマガ機能
・アンケート機能      など

無料プランの詳細を知りたい人はこちら

RESERVA(レゼルバ)予約システムの無料プランでは、最低限の機能以外にも39の機能を利用可能です。また、メルマガ機能やクーポン発行機能などにより集客にも尽力できます実際に、無料プランのシステム導入で売り上げ向上につなげている利用者も多くいるので、無料プランから予約システムを導入したい人にとって最適な予約システムです。

EDISONE(エジソン)

画像引用元:EDISONE公式サイト

無料プランでの利用可能範囲
・月間予約件数 30件
・登録顧客件数 150人
・店舗ホームページ作成 
・料金表示設定
・所要時間の表示設定

無料プランの詳細を知りたい人はこちら

EDISON(エジソン)無料プランでは、最低限の機能のみ使用可能です。安価でプランのアップグレードができますが、利用可能な機能が極端に増加するのではなく、月間予約件数や登録顧客件数などが増加されます。

下記の表では、RESERVAとEDISONEとを比較しています。月額予約件数や登録顧客件数を比較すると、RESERVA(無料プラン)は、EDISONE(有料プラン)とほぼ等しい件数となっています。

RESERVA(無料プラン)EDISONE(無料プラン)

RESERVA(無料プラン)EDISONE(無料プラン)
月額料金無料無料
月間予約件数100件30件
登録顧客件数500件150件


RESERVA(無料プラン)EDISONE(ステッププラン)

RESERVA(無料プラン)EDISONE(ステッププラン)
月額料金無料980円
月間予約件数100件75件
登録顧客件数500件500件

上記の表で比較してみると、価格面・機能面においてはRESERVA(無料プラン)からはじめることをおすすめします。

SNS・マニュアル情報発信(両社比較③)

RESERVA予約システム

オウンドメディア:RESERVA Digital
マニュアル操作ガイド:Zendeskマニュアル
Twitter:RESERVA(レゼルバ)|無料作成の予約システム
Instagram:reserva.be (公式インスタグラム)
YouTube:【公式】RESERVA予約システム

EDISONE(エジソン)

オウンドメディア:EDISONEブログ
マニュアル操作ガイド:ご利用ガイド
Twitter:予約システム EDISONE(エジソン)
Instagram:予約システムEDISONE

画像引用元:EDISONEブログ

実際に使用してみた所感(両社比較➃

RESERVA予約システム

RESERVA(レゼルバ)メリット
・シンプルな操作性で3分で設定ができる。
・350以上の多種多様な業種に対応
・SEOに強い予約システムである
・事前決済システムでキャンセルを防ぐ
・システム作成手順が動画でまとめられていて分かりやすい
・予約受付→決済→顧客管理→集客まで全て自動化される

RESERVA予約システムは、だれでもかんたんに即日予約サイトを作成できます。350業種に対応しているので、導入事例などを見て自社のサービスと同じ業種の事例も確認できます。また、無料で使用可能な機能が多いので使いやすさや、対応機能などを確認する上でもシステムを作成してみると良いでしょう。美容室、施設運営、ホテルなど予約サイトを自動化・省人化したいさまざまな業種におすすめできます。

EDISONE(エジソン)

EDISONE(エジソン)メリット
・9種類の予約タイプがある
・簡易ホームページが作成可能
・スタッフ・シフト管理機能搭載

EDISONE(エジソン)では、9種類の予約タイプから選択できるため自社に合った予約システムを作成できます。機能は少なくシンプルですが、スタッフ・シフト管理機能が搭載されているため、スタッフのシフトによって受け入れ時間やメニューを変更する店舗ではおすすめです。

予約システム導入のメリット

予約システム導入のメリットといえば、電話予約受付、紙台帳運用が解消され業務効率化が期待できます。この他にも、下記メリットが挙げられます。

・24時間365日、自動予約受付が可能
・無料であらゆる機能が使えるのでコスト削減できる
・自社独自の予約サイトとして運用可能
・金銭授受を解消するキャッシュレス、無人化運用で感染予防対策

画像引用元:RESERVADigital記事

予約システム選定のポイント

総合型か専門型か

予約システムには、ホットペッパー、トレタなどの業界専門型の予約システムと、あらゆる業種に対応できる汎用性の高い予約システムがあります。選定の際にはここの違いを理解しましょう。今回紹介したRESERVA予約システムとEDISONEは、両サービスともに総合型の予約システムとなっています。病院、スクール、イベント、施設など様々な業種に対応しています。

【無料で作れる!】フィットネス業界向けのおすすめ予約システム5選を比較紹介!

無料版があるか

導入してみて使い勝手が分からないと、その後のオンライン予約運用は進みません。まずは無料版、体験版で使用感を見て(UI/UX)お気に入りのシステムを見つけましょう。写真や画像の掲載枚数に制限があるのか、画像を入れるとどこに表示されるのか、など実際に使用して確認してみてください。

機能の豊富さ

実際に予約システムを使用していると、使用前には見えてこなかった要望が次々と出てきます。初めのうちはシステム理解に精一杯ですが、慣れてくると物足りなさを感じるかもしれません。初期の段階で機能数、機能性の部分が豊富にあるシステムを選ぶことはその後継続して利用するうえでは重要です。

スマートロックと連携できる自治体施設の予約管理システム3選
スマートロックと連携できる貸会議室の予約管理システム3選

運営事業会社の信用度

予約システムを長く使い続けるためには、あたりまえですが、開発運営する会社が存続しない限りサービス停止などは考えられます。新型コロナワクチン接種を機に多く誕生した予約システムですが、サービス終了、企業買収などがあった際には大きくサービスが変わったり、価格が跳ね上がったりすることがあるかもしれません。 情報漏洩など過去に事故がないか、顧客データを扱ううえで、安全性は保たれているか、こうした点はしっかり見ておくべきでしょう。