予約管理システムRESERVAとtolを徹底比較|導入前に絶対読むべき比較ポイント【2022年】

予約管理システムRESERVAとtolを徹底比較|導入前に絶対読むべき比較ポイント【2022年】

予約管理システムとは、オンライン上で予約受付・管理、顧客情報を取り扱えるサービスのことを指します。新型コロナワクチン接種の予約システムを開発した事業者も含めると、その数は50サービス以上にもなります。

今回はその中でも、業界最大級の導入実績「RESERVA(レゼルバ)」と、スモールビジネス向け予約システム「tol(トル)」を徹底比較します。

当メディアではシステムサービスの比較記事を展開し、各社の特徴、強みの点を明らかにしていきます。今回は総合型予約システムの調査分析より執筆します。

【参考記事】
【全59社】2022年最新版!予約システムの機能・費用をわかりやすく解説!|無料プランあり
予約管理システムRESERVAとSTORESを徹底比較|導入前に絶対読むべき比較ポイント【2022年】
予約管理システムRESERVAとAirRESERVEを徹底比較|導入前に絶対読むべき比較ポイント【2022年】
予約管理システムRESERVAとリザヨヤを徹底比較|導入前に絶対読むべき比較ポイント【2022年】

現在調査対象の予約システム一覧

ChoiceRESERVE(チョイスリザーブ)、AirRESERVE(リクルート)SELECT TYPE、formrun(フォームラン)、SuperSaas、STORES、Goope(グーペ)、eReserve、ResKa(レスカ)、EDISONE(エジソン)、STAR RESERVE(スターリザーブ)、Reservation Engine(リザベーション・エンジン)、Osaerunet(おさえるネット)、ヨヤクノート、TORETA(トレタ)、COPRO Q-PASS(コプロキューパス)、ワンモアハンド、teket(テケト)、MOSH(モッシュ)、Square(スクエア)、Repitte(リピッテ)、Lステップ(エルステップ)、ペライチ、yoyakul.jp(ヨヤクルドットジェーピー)、リザヨヤ、tol(トル)

各社概要

RESERVA(レゼルバ)

画像引用元:RESERVA公式サイト

RESERVA(レゼルバ)は登録事業者数20万社国内最大級の導入実績を誇るSaaS型予約管理システムです。350種類以上の様々な業種・業界に対応するべく、予約システムを6つのタイプで提供(サービス指名あり/なし、スクール、イベント、施設、宿泊)、どの業種・業態にも対応できる総合型予約システムとして高い評価を得ています。利用者は個人事業主から上場企業・公的機関(官公庁含む)まで、世界80カ国でも予約サイトが活用されています。

豊富な機能を取り揃えており、一部有料機能はありますが、必要最小限の機能は永久無料で利用可能です。アカウント作成から予約システム作成完了まで最短3分で立ち上げられ、即日で予約受付ができます。パソコン・スマートフォン・タブレットから利用できるシンプルなデザイン性で、予約受付をする事業者も、予約する顧客にも使いやすいシステムとなっています。

初期費用0円、月額利用料0円から始めることができます。
価格・月額料金の詳細は料金表ページをご確認ください。

tol(トル)

画像引用元:tol公式サイト

tolは、アポロ株式会社が運営する予約サイト作成スマートフォン向けアプリです。アプリをインストールし、必要な情報を登録するだけでかんたんにネット予約の受付が実現します。ネット予約や予約管理などの基本的な機能を無料から利用でき、出先でもすぐにスマートフォンやタブレットから予約状況を確認できるのが特徴です。

初期費用0円、月額利用料0円から始めることができます。
価格・月額料金の詳細は料金表ページをご確認ください。


機能紹介(両社比較①)

両者ともに同じ予約システムですが、全体的に搭載されている機能は大きく異なります。システム導入の際は、各サービスの機能と自社に必要な機能をしっかりと照らし合わせたうえで選択することが重要です。

RESERVA

画像引用元:RESERVA公式サイト

RESERVAに搭載されている機能例
・予約受付/予約管理をはじめとする予約業務全般
・予約サイト作成機能
・顧客情報の自動データベース化
・自動メール/メルマガ配信
・予約リマインドメール
・事前決済機能
・予約情報・顧客情報CSV出力
・Googleカレンダー連携機能
・複数料金設定機能
・担当者管理(リソース登録機能)

RESERVAには、基本的な予約業務機能に加え、顧客管理機能や予約確認メールや予約変更メール、キャンセル待ち空き枠発生メール、予約キャンセル確認メールなど顧客に応じたメールを自動で送る機能があるため、店舗運営において負担になっていた事務作業を大幅に削減し、サービス向上に努めることが可能です。また、予約日前日の午前7時に予約情報を再度案内する予約リマインドメール機能もあるため、顧客の予約忘れによる無断キャンセルやドタキャンも減少します。

RESERVAなら予約受付から当日の案内、再来店を促すアフターフォローまでを完結させることが可能です。

tol

画像引用元:tol公式サイト

tolに搭載されている機能例
・ネット予約受付
・予約管理
・顧客管理
・事前決済
・メール配信
・予約情報・顧客情報CSV出力

tolにはネット予約受付にほしい最低限の機能が詰まっており、予約件数の上限や機能の制限がないため、初めての予約システムに適しています。操作性もアプリなのでSNS感覚で管理可能です。

ヨガ教室向けの予約機能(両社比較②)

両サービスともにヨガ教室運営向けの予約機能が充実しています。利用可能機能や対応している業種の種類にはどのような違いがあるのでしょうか。ここでは、両サービスの中でヨガ教室運営に特化した機能に絞って紹介します。

RESERVA

ヨガ教室運営者がRESERVAで予約システムを作成する際には、メニューごとに都合の良い日程・定員(在庫数)などを設定して予約枠を作成できるスクール・アクティビティタイプを選択します。

スクール・アクティビティタイプで利用可能な機能
・残席数表示機能
・月額プラン機能
・団体予約機能
・オプションメニュー設定
・Zoom連携機能
・多店舗管理システム
・予約時アンケート機能

・予約タイプごとの特徴はこちら
・スクール・アクティビティタイプの機能紹介はこちら
・スクール・アクティビティタイプで作成したヨガスタジオの予約サンプルサイトはこちら

その他対応可能な業種種類
ピラティス教室
フィットネスクラブ
スポーツクラブ
ゴルフレッスン
ダンススクール など
上記リンクよりサンプルサイトが閲覧可能です。

RESERVAには、ヨガ教室向けの機能が多く搭載されています。オプションメニューを事前に登録しておくと、予約時にヨガマットやウェア等のレンタルが必要か、またその個数を確認することが可能です。これにより、レッスン当日になって急に備品が足りないといったことや、予約と分けて備品の有無を確認する必要がなくなります。

また、RESERVAはZoomとの連携機能があります。この機能では予約が完了した時点でZoomのオンラインミーティングが自動で作成され、予約者に参加する際に必要なURLやパスワードが自動送信されるため、オンラインレッスン導入の負担を軽減することが可能です。

tol

ヨガ教室運営で有用な機能
・顧客台帳
・オプションメニュー機能
・予約受付プッシュ通知
・グループ予約機能

対応可能な業種
・ピラティス教室
・フィットネスクラブ
・トレーニングジム など

tolは、新規予約が入ったらプッシュ通知ですぐに確認できるため、外出が多いヨガ講師やなかなか予約システムを開く暇がない管理者でも安心です。また、2022年7月にリリースされたグループ予約機能では、複数名を一度に予約することが可能となっています。

事業者のニーズ(両社比較③)

各サービスの特徴や機能が異なるため、どちらが適しているか判断が難しいこともあります。ここでは、上記で比較したことを踏まえて、各サービスがどのような事業者に適しているかを解説します。

RESERVA

RESERVAは、年間2000万人以上が利用している予約システムです。350業種の多種多様な企業や事業者に適している予約システムであることに加え、マニュアルが豊富でPCの操作が苦手な人でもかんたんに導入できるため、下記に当てはまる事業者に向いています。

・すぐに予約システムを導入したい
・最初は無料で豊富な機能を利用したい
・パソコンやスマートフォン操作に自信がない
・顧客に応じた細やかなサービスを提供したい
・時間に余裕を持った運営がしたい
・導入実績が豊富な予約システムを利用したい
・顧客が予約しやすいサイトを持ちたい
・オンラインレッスン導入の手間を省きたい など

tol

tolは、アプリにて予約サイトの運用ができるため、個人で教室を運営していて予約管理の時間が取れない時や、外出先で予約状況を確認したい場合に便利です。tolに向いているのは以下のような事業者です。

・無料で予約サイトを作成したい
・パソコンを持っていない
・機能が豊富な価格が高い予約システムは不要
・1人または少人数で教室を運営している
・レッスンの合間にすぐに予約管理を行いたい など

予約システムのメリット

予約システム導入のメリットは、電話予約受付・紙台帳運用が解消され業務効率化が期待できる点です。この他にも下記のような利点が挙げられます。

・24時間365日、自動予約受付が可能
・無料であらゆる機能が使えるのでコスト削減を実現
・自社独自の予約サイトとして運用可能
・金銭授受を解消するキャッシュレス、無人化運用で感染予防対策

画像引用元:RESERVADigital記事

予約システム選定のポイント

総合型か専門型か

予約システムには、ホットペッパー、トレタなどの業界専門型の予約システムと、あらゆる業種に対応できる汎用性の高い予約システムがあります。選定の際にはここの違いを理解しましょう。今回紹介したRESERVAは、あらゆる業種に対応する汎用性の高い総合型予約システムであり、tolは様々なスモールビジネスム向けの予約システムです。

低コストで今すぐ使える!ヨガ教室を始めるならRESERVA予約システム
ヨガスタジオ・ヨガ教室開業、運営時に便利な予約システムとは?|導入メリットとおすすめ予約システム5選

無料版があるか

導入してみて使い勝手が分からないと、その後のオンライン予約運用は進みません。まずは無料版、体験版で使用感(UI/UX)を見てお気に入りのシステムを見つけましょう。写真や画像の掲載枚数に制限があるのか、画像を入れるとどこに表示されるのかなど、実際に使用して確認しましょう。

【全59社】2022年最新版!予約システムの機能・費用をわかりやすく解説!|無料プランあり

機能の豊富さ

実際に予約システムを使用していると、使用前には見えてこなかった要望が次々と出てきます。初めのうちはシステム理解に精一杯ですが、慣れてくると物足りなさを感じるかもしれません。初期の段階で機能数、機能性の部分が豊富にあるシステムを選ぶことはその後継続して利用するうえでは重要です。

予約管理システムRESERVAとペライチを徹底比較|導入前に絶対読むべき比較ポイント【2022年】
予約管理システムRESERVAとRepitteを徹底比較|導入前に絶対読むべき比較ポイント【2022年】

運営事業会社の信用度

予約システムを長く使い続けたいと思っていても、開発運営をする会社が廃止された場合、サービスは停止されてしまいます。新型コロナワクチン接種を機に多く誕生した予約システムですが、サービス終了、企業買収などがあった際には大きくサービスが変わったり、価格が跳ね上がったりすることがあるかもしれません。情報漏洩など過去に事故がないか、顧客データを扱う上で、安全性は保たれているか、こうした点はしっかり見ておくべきでしょう。

予約管理システムRESERVAとリザエンを徹底比較|導入前に絶対読むべき比較ポイント【2022年】
予約管理システムRESERVAとSuperSaaSを徹底比較|導入前に絶対読むべき比較ポイント【2022年】